草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

草木染めで布を染める方法

草木染めでコットン、麻、シルクの布を染める基本手順です。ウールについては、やり方が違うため、もう少し経験してから後日書きたいと思います。

草木染めのやり方はいろいろありそうですが、私がよくやっている方法です。服もこの方法で染めています。

草木染めの具体的な方法

布を洗う

少量の中性洗剤(台所洗剤、モノゲンなど)を入れたお湯で布を洗います。しっかりすすぎます。

精練

「精錬済」と書かれた商品も、人の手を介して流通しているので、手の脂がついている可能性があります。きちんと染めたい時は、念のため洗います。めんどうな時は、そのまま使います。

私は事前に洗濯機でいつも使っている洗濯洗剤(トップクリアリキッド・弱アルカリ性)で洗って、乾燥しています。(染めた後も普通の洗濯物と一緒に洗濯機で洗って使っているため)

布をお湯にひたす(重要)

乾燥した布をそのまま染めると色むらになります。タライやバケツで、ぬるま湯(お風呂ぐらいの温度)に布をひたします。充分に水分を吸収させて、濡れた状態にします。

地入れ

水面に浮いてしまう場合も、少し水面に浮かべておいて、そっと手で押せば水中に入ります。

濃染処理をする

綿・麻などの植物繊維の場合、そのままでは色がつきにくいので、カチオン化してプラスに帯電させます。シルクの場合は必要ありません。

市販の濃染剤(誠和ならディスポン、藍熊染料なら濃染剤カラーアップZBなど)や豆汁、豆乳などが使われます。

ディスポンのラベル

私はディスポンを使っています。お湯を沸かして熱湯にします。お湯の量は、布が泳ぐぐらいです。水1Lに対してディスポンを3~4mlの割合で入れて、かき混ぜます。布を20分ひたします。ときどき動かします。終わったら、ディスポンが残らないように、よく水洗いします。

染物専用の鍋がある場合は、鍋で煮ることもできます。台所のシンクの排水溝に栓をして、シンクを容器代わりにすることもできます。

ディスポン処理

※濃染によって、色が濃くなるだけでなく、色あい自体が変わることもあります。
※濃染しなくても、思ったより染まる染料も多いです。
※木綿が染まりやすい染料で下地染めをする、という方法もあります。

染料を煮出す

植物・野菜・果物などの材料を、水1~2Lに入れて、火にかけます。フタをします。沸騰してから20分、強火で煮出します。1番液になります。水をかえて再度20分煮出して、2番液、3番液もとります。

染液の抽出

※材料の量の目安はこちら→ 草木染めの材料となる植物や染料の量
※使う鍋についてはこちら→ 草木染めにはステンレス鍋を使う
※煮出すときの水量によって、色あいが変わることがあります。
※2番液のほうが1番液より澄んだ色になることが多いです。1番液は黄色い色素が出やすいです。

染料をザルや不織布でこす

材料の細かいくずが入ると、色むらになります。バケツなど、染色に使う器にザルを置き、こし布を洗濯ばさみで留めます。そこに染液をそそぎ、こします。

ザルとこし布で漉す

ザルやこし布がなくても大丈夫です。少量ならお茶パック、多い場合は、さらしの巾着袋を使ったりしています。煮出す段階から材料を不織布に入れておく方法もあります。その場合は、こす必要はありません。

染液をお湯で薄める

煮出した染液が入ったバケツに、お湯を足します。お湯の量は、布が入って泳ぐぐらいが理想ですが、お湯を入れすぎると濃度が低くなり、色がつきにくいです。お湯の温度は高いほうが染まりやすいです。

染液を薄める

※十分に液量がある場合は、薄めずに染めます。
※染める温度によって、色あいが変わることがあります。
※火にかけながら煮染めする場合は、鍋で行います。

濡れた布を染液に入れる

お湯にひたしていた布の水分をしぼり、染液に布を入れます。空気が入らないように、布の表面が染液に均一につくようにします。布を水面から出さないようにします。20分たったら、布を取り出して絞ります。

地入れ

大きい布の場合は、屏風だたみ(じゃばら折り)にしながら入れます。

屏風だたみ

布同士がくっついたり、気泡が入っているとその部分が色ムラになるので、気をつけます。布をこまめに動かしたほうがムラなく染まるらしいのですが、動かし続けなくても、色むらにならないことも多いです。

箸でつついたりして傷がつくと色むらになるので気をつけます。

水洗い

水洗いをして、布に入らなかった染料を洗い流します。しぼります。

水洗い

※布の外に染料が付いたまま媒染すると、布に入っていない染料に、媒染液が反応してしまいます。

色止め用媒染液作り

媒染(色止め)は常温で行います。

アルミ媒染の場合は、ミョウバンを少量の熱湯に溶かして透明にしてから、水で薄めます。
布の重さに対して、5~6%の焼みょうばんを入れます。

みょうばんを溶かすみょうばん液を薄める

※水量は布が泳ぐくらいの量です。例えば、布100gなら、みょうばん6g、水3Lくらいです。

※スーパーで売っている漬物用のみょうばんは、焼きみょうばんです。1袋30g程度100円くらい。大さじ1が3gくらいです。

鉄媒染の場合は、誠和(高田馬場にある染料屋さん)の木酢酸鉄液のうわずみを4滴~小さじ1杯ぐらい入れています。入れすぎると灰色になります。

SEIWAの木酢酸鉄液

誠和には、アルミ、チタン、銅、スズなど金属媒染用の液が売られています。規定量を目安にして入れるので簡単です。

銅媒染液とディスポン

※安全性や環境面から考えると、よく使われるアルミ(みょうばん)と鉄を使うのがよさそうです。でも、銅媒染液を使うと青みが増してきれいな発色になるので、わたしはよく使っています。

媒染液に布をひたす

水洗いしてしぼった布を、媒染液につけます。染液同様、均一になるように気をつけます。20分たったら、布を取り出して絞ります。

媒染液につける

水洗い

水洗いをして、布に入らなかった媒染液を洗い流します。しぼります。

水洗い

※布の外に媒染の金属がついたまま染液に入れると、布に入っていない金属に、染液が反応してしまいます。

再度、布を染液に入れる

再度、染液に20分つけます。加熱できる場合は、加熱して水温を高くして行います。20分たったら、布を取り出して絞ります。

地入れ

色づきが薄い場合は、再度、水洗い→媒染→水洗い→染液→水洗いを繰り返します。もしくは、染液に入れたまま一晩放置します。

「媒染→水洗い」ではなく「染液→水洗い」で終えるようにします。

水洗い(重要)

しっかり水洗いをして、布に入らなかった媒染液を洗い流します。水をかえて3回以上、洗います。水に色が出なくなるまで繰り返します。しぼります。

水洗い

※水洗いが足りないと、色落ちや変色の原因になります。重要です。

脱水

水分をよくしぼったら、布をバスタオルにくるくる巻いて水気をとったり、洗濯機で脱水します。

タオルドライ

※水気が多いと、干した時に布の下のほうが乾くのが遅くなります。できるだけ均一に乾かしたほうがいいので、残った水分を少なくします。

日陰干しする

注意点は、日光に当てないこと、金属ハンガーなど、金属が付着しないようにすることです。ステンレスは大丈夫です。

アイロンをかける

乾いたら、中温でアイロンをかけます。色を固定させます。

草木染めした後にすること

廃液の処理

染液と媒染液をまぜてから、自宅の排水溝に流しています。廃棄するタイミングがあわない時は、そのまま排水溝に流しています。

気になる時は、一晩置いて沈殿させて、上ずみを排水溝に流し、沈殿物はゴミとして捨てています。

お手入れ

中性洗剤(台所洗剤、モノゲン、頭髪用のシャンプーなど)でやさしく手洗いします。漂白剤や蛍光剤、強い洗剤は避けます。ドライクリーニングも変色の原因になるそうです。

酸やアルカリに弱いので、汗や食べこぼしで色落ち、変色することがあります。ついてしまったら、ぬるま湯で中性洗剤で洗います。

わたしは色落ちを気にしないので、服などは普通に洗濯機で洗っています。

色が落ちたら、重ね染めする

使っているうちに色が変わったり、抜けたりします。そうしたらまた染め直しします。同じ染料、媒染を使うことが多いですが、別の染料、媒染に変えることもあります。