サクランボを食べたら、布を染めてみよう

さくらんぼ軸染め染色1番液

食べたサクランボの軸(サクランボの茎)を冷凍庫に貯めて、布を染めました。かわいいピンクに染まります。

サクランボの軸は小さいですが、量が少なくても色が出るので、2パック食べれば充分染められると思います。

以前、佐藤錦の枝で染物をした時も、液に赤みが出やすく、染まる色もキレイと感じたのですが、軸も同じでした。

サクランボの軸で染めた方法を書きます。サクランボを食べたら、ぜひ食べ染めしてみてください。

染めた日:2020年8月1日

さくらんぼの軸染めのこと

インスタグラムの染物つながりの方々が、サクランボの軸で染めていたので、私もやってみることにしました。インスタグラムで「さくらんぼ染め」タグを検索すると出てくるかと思います。

きれいでかわいいピンク色に染まっている人が多くて、うまく鉄媒染できたらきれいな紫色もなりそうです。

同じように赤みが出てくる草木染めの場合、水の違いなど条件の差によって、人によっては赤みが出にくいこともあると思います。同じようにやれば同じに染まるわけではない、というところが、もどかしくもあり魅力でもあります。

だから、場合によってはうまく染まらないこともあるかもしれません。でも、さくらんぼを食べたらそこに染料があるわけで、ぜひ一度、自宅で試してみて欲しいと思います。

さくらんぼの軸染めの材料

  • さくらんぼの軸 50本(4g)
  • みょうばん 小さじ2(2g)
  • 木綿のプリペラ生地(キナリ色)36g
  • 重曹 ほんの少し(2番液を煮出す際に入れました)

さくらんぼの軸(茎)

さくらんぼの軸、50本分。1~2パック分かと思います。食べた後に冷凍庫に保存していました。銘柄は、近所のスーパーでよく売っている、山形産「小さな恋人」です。

焼きみょうばん

色止め用の媒染には、コープで買った漬物用の焼きみょうばんを使いました。小さじ2。

COOPの焼きみょうばん

※みょうばん液の作り方はこちら→ みょうばんアルミ媒染液の作り方

木綿のプリペラ生地

今回は、生成色のプリペラ織の生地を染めました。ハンカチより少し大きいサイズ。サクランボ染めの場合は、木綿でも濃染をしなくても染まります。

木綿プリペラ生地

さくらんぼの軸染めの手順

  1. 布をお湯(お風呂ぐらいの温度)につけておく
  2. さくらんぼの軸50個分をステンレス鍋に入れ、水1リットルで沸騰後20分煮る(1番液)
  3. 軸をこして染液をバケツに移す。空気を含ませると、赤みが増す
  4. 軸を鍋に戻して、新しい水500mlと、重曹をほんの少し入れて、沸騰後20分煮る(2番液)
  5. 2番液ができたら、軸をこして染液をバケツに移す。
  6. 軸を鍋に戻して、新しい水500mlを入れて、沸騰後20分煮る(3番液)
  7. 10分くらい経ったら1番液がかなり赤くなったので、布を5分つけた
  8. これ以上色が入らなそうと感じたので、水洗い
  9. 媒染液を作る。焼ミョウバン2gを500mlの熱湯に溶かし、水を追加して合計1リットルにする
  10. みょうばん媒染液に布を入れて、20分
  11. 水洗い
  12. 再度、染液(1番液)に布を戻しいれて、10分
  13. 水洗い
  14. 布の一部だけ、再度みょうばん媒染液につけて、5分
  15. 水洗い
  16. 布の一部だけ、1~3番液を合わせた染液(少しあたためてから)につけて、20分
  17. よく水洗い
  18. 水けを切ってベランダに干す

※色が薄い場合は、染液→水洗い→みょうばん媒染液→水洗い→染液を繰り返します。

※草木染めの基本手順はこちらを見てください→ 草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

さくらんぼの軸染めの写真と詳細

湯通し

布は、台所洗剤(中性洗剤)でお湯で洗った後、お湯につけておきます。

湯通し

染液を煮出す

さくらんぼの軸50個と、水1リットルをステンレス鍋に入れて、蓋をして強火。沸騰後20分、火を弱めてぐつぐつ煮ました。写真は煮終わったところ。

さくらんぼの軸をこし布でこして、液だけにします。

煮あがりは、少し赤みの入った薄い色でした。

さくらんぼ軸1番液

空気を含めると、赤みが増します。液をカップで取り、注ぎ戻すという作業を繰り返して空気を含ませます。  

10分くらいすると赤みが強くなったので、染め始めることにしました。

さくらんぼ軸1番液10分後

さくらんぼの軸を鍋に戻して、水500mlと重曹を入れて強火。より濃い色を抽出できるかと思い、2番液には重曹をほんの少し入れました。小さじ10分の1くらいです。

さくらんぼ軸2番液用の重曹

赤みが出にくいと思ったら、重曹を入れたほうがいいかもしれません。入れすぎると黒茶色になると思います。

2番液は重曹を入れたので、赤みは出たものの黒っぽさもある色でした。写真だと色の差がわからないかもしれません。

さくらんぼ軸2番液

さらに3番液は、重曹を入れずに水500mlで煮出しました。空気を含めなくても赤みが出ていて、色は2番液と似ていて黒っぽさがありました。

さくらんぼ軸3番液

染める

3番液まで煮出すのに時間がかかるので、1番液に赤みが出た段階で、染め始めました。液の量が少ないので、バケツを斜めにして、布をよく動かしながら染めました。だんだん色が入っていきます。

5分位すると結構色が入ったので、水洗いしました。

みょうばん液に入れて20分、媒染します。みょうばん小さじ2を500ml位の熱湯で溶かして、1リットルに薄めました。液の量が少なかったので、よく動かしながら媒染しました。

サクランボ軸染めのみょうばん媒染

水洗いしたら、とりあえず1番液に布を戻して10分染めました。泡立ってきて、色が入る感じ。液が薄くなり、1番液だけでは足りない感じもします。

さくらんぼ軸染め媒染後の染色

模様入れ

模様を入れて、布の一部分だけをさらに染めることにしました。布をびょうぶだたみにして、クリップで留めました。染めない部分はビニール袋で保護。輪ゴムで留めました。

再度媒染を5分してから、1~3番液を合わせた液で20分ほど染めました。液が冷めていたので、温め直しました。

くらんぼ軸染め媒染後の染色1~3番液

色が入ったと思ったので終了。水洗いしてベランダに干しました。

染め終わった後も、液に色が残っていたので、もっと長い時間染めれば、もっと色が入った気もします。

さくらんぼの軸染め残液

乾燥後のできあがり

1番液で染めた部分はピンクベージュ、さらに染めた部分は黄みのあるピンクに染まりました。春の色。生地の元の色が黄色っぽいので、染まった色にも黄色みがあります。もっと白い生地を染めたら、もっと澄んだピンク色に染まるかと思います。

サクランボの軸で染めた布

模様入れは、中途半端な感じになりました。下側の点々部分がクリップで留めた部分です。中途半端な印象になりました。

サクランボの軸染め模様入り

追加で鉄媒染を重ねる

乾いてから、さらに鉄媒染で重ね染め。紐で縛った模様も入れました。

さくらんぼの軸染め鉄媒染重ね

古い木酢酸鉄を10滴くらい使用。1番液はさくらんぼの軸125本を水1.5リットルで、2番液は水1リットルで煮る。重曹使用無し。

鉄媒染を重ねた色は、サマーの色に近く、こげ茶に紫を混ぜたような色。いい色だけど地味な色。こういう色のズボンが欲しいです。

※パーソナルカラーについてはこちら→ パーソナルカラーのこと

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。