布に絵を描く

ハート柄の手ぬぐい

自宅で染物をする時、布に模様を入れる方法をまとめました。輪ゴムや割りばしを使った絞り染めのやり方を簡単に説明しています。針や糸、板を使った少し手間がかかるものまであります。

厚手の生地よりも、薄手の生地のほうがやりやすいので、オリジナルの手ぬぐい作りなどがいいかもしれません。ワンポイントでも図柄を入れると手作り感が出ます。

ここでは木綿の普通の厚さの生地を使っています。なお、私の模様入れの腕前はいまいちです。

すべて草木染めですが、他の染料の染物にも応用ください。草木染めの手順はこちら→ 草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

※記事をリニューアルしました。型染めの方法はこちら→ 自宅で型染めするやり方

ハート模様(針と糸で縫う方法)

ブルーベリー染めのハート

このハート模様は、針と糸を使って作りました。普段お裁縫に使っている縫い糸と針を使いました。ハートじゃなくても、細かすぎなければ、好きなマークで大丈夫です。

ハート柄を針と糸で縫う

まず、ハート柄にチクチク並縫いします。糸は1本どり、玉結びしてから始めます。

ハート柄を縫う

絞る

糸を引っ張り、ギュッと引き締めて、玉結びで留めます。

糸を引き締める

ここからは、輪ゴムを使っても大丈夫です。

糸を使う場合は、糸を根元に巻き付けたら、上に向かって生地にグルグル巻きつけ、下に戻り、根元部分でかぶせ留めします。

ぐるぐる上に向けて巻く

かぶせ留めというのは、輪を作って、布にかぶせて、糸の端をぎゅっと引くやり方です。

ぐるぐる巻きつけが多すぎると、ハートの内部が真っ白になるので、加減します。

輪ゴムを使う場合は、同じ原理で輪ゴムを何重かにしてはめます。

※これはブルーベリーの実で染めました→ ブルーベリーの実の草木染めテスト

下絵を描く道具

下絵を描く場合は、青花ペンで下書きするとやりやすいです。濡れると色が消えます。

青花ペン

青花ペンの書き味

鉛筆では色が残ってしまうので使いません。フリクションペンは、冷凍の温度になると線が現れてしまうので使いません。

ビー玉絞り染めのやり方(輪ゴム模様)

ビー玉の連続絞り模様

ビー玉を入れると味のある円が描けます。ビー玉以外でも、ペットボトルのフタや、乾燥大豆、洋服のボタンなどを包んでも面白い図柄になります。

輪ゴムで絞る

ビー玉で布をくるんでから、輪ゴムで留めます。

ビー玉で絞り染め作業

輪ゴムは熱に弱い場合もあるので、煮染めの場合はビニール紐(PPテープ)やタコ糸などで縛ったほうがよいです。

染める

普通に草木染めで染めていきます。

ビー玉の絞り染め作業

こんな柄になります。連続するとかわいい感じです。

ビー玉の絞り模様

※これは、稲武で草木染め体験した時のものです→ 愛知県豊田市稲武で草木染め体験

※ワークショップでもビー玉を沢山つけてブラウスを染めた方がいました(ページの下の方に乾燥後の写真があります)→ ワークショップ開催報告

洗濯ばさみで絞り染め模様(花)

洗濯ばさみでつけたお花の模様

生地を4つ折りにして、押さえ部分が丸い洗濯ばさみで留めると、お花みたいな形になります。

洗濯ばさみで挟む

生地を四つ折りにして、洗濯ばさみで挟みます。

洗濯ばさみで生地を挟む

染める

通常手順で染めます。生地から洗濯ばさみを外すと、そこだけ染まりが薄くなっています。

洗濯ばさみを生地から外したところ

100円ショップで購入

アルミの洗濯バサミ(留める部分が丸いもの)は100円ショップで買いました。ダイソーにはなくて、セリアかキャンドゥーだったと思います。

アルミの洗濯ばさみ

この洗濯ばさみは、留める力がやや弱いです。もう少し強く押さえるものの方がよさそうです。

板締め絞り(正方形の四角)

四角の模様入り巾着

板締め絞りも比較的簡単です。同じ形の2つの木片で生地をはさみ、さらに平たい棒2枚ではさみ込んで圧をかけると、ブロックと接した部分だけが、染まらないので、その図柄になります。

木片を置いて縛る

板締め絞りの準備

写真では見えてませんが、下側にも正立方体の四角ブロックがあります。

数か所に連続して模様を入れる場合は、生地を屏風だたみ(ジャバラ折り)にしてたたんでから、木片を置きます。今回は、巾着を縦3つにたたみました。

煮染めする時は、ビニール紐(PPテープ)で留めたほうが良いです。その場合は、「巻き結び」で固めに紐を縛ってから留めます。

染液が高温にならない時は、輪ゴムでも大丈夫です。熱に弱い輪ゴムもあるのでご注意ください。

万力(クランプ)をお持ちの方は、万力で留めてから紐をくくるとやりやすいです。

染める

そのまま、通常手順で浸染め、煮染めします。丸ごと入れて染めるので、入る大きさの容器は必要になります。

板締め絞りの染色作業

最後、水洗いしてから外すとこんな感じです。

板を取ったところ

乾くまでは、白い部分と染まった部分が接触しないように乾かします。

※この巾着は巨峰の皮で染めました→ 巨峰の皮で食べ染め、ぶどう色

※ワークショップで板締め絞りをした話はこちら→ ワークショップ開催報告

絞り染めの割りばし模様

割りばしで挟んだ模様

板の代わりに割りばしで挟むだけなら簡単です。布を屏風だたみに折って、割りばしで挟めば、連続模様が描けます。生地の畳み方や挟む方向を変えれば、いろいろな模様になります。

割りばしで挟む

布を屏風だたみに4つに折って、さらに屏風だたみに4つに折ります。斜めに割りばしで挟みます。割りばしを割らない状態で使っています。

割りばしで生地を挟む

染める

普通に染めます。

染まった割りばし染め

外すと割りばしがあった部分だけ白いです。

割りばしを外す

乾くまでは、白い部分と染まった部分が接触しないように乾かします。

※これはさくらんぼの小枝で染めたものです。子ども連れご家族の参加があったワークショップの練習用です。そのワークショップで付けた模様はこちら(ページの下の方に画像があります)→ 5/26(日)さくらんぼ染めワークショップ開催報告

紐でしばって模様をつける

茜染め絞り染め

これがよく見かける絞り染めだと思います。

※私は下手なのですが、ワークショップで絞り染めが得意な人がやると、素敵な感じです → 2019年7月28日(日)液体植物染料染めワークショップ開催報告

糸で絞る

生地をつまんで引っ張り上げたら、縫い糸やタコ糸で根元を3回位ぐるぐる縛ります。そのまま上に向かってくるくる巻き付けて、下に戻ります。最後は、根元の部分でかぶせ留めします。輪ゴムでやると簡単です。

絞り染めの作業

染める

普通に煮染めや浸し染めで草木染めします。絞った近くが染まりにくいので、よく生地を広げるようにしながら染めます。

絞り染めの染色

※こちらはブータンアカネ(五倍子タンニン下地)で染めたものです。参考→ タンニン下地(五倍子使用)

糊置きして描く

型染めで絵を描いた布

型染めをすれば、思った通りの図柄を布に描けるようになります。防染糊を生地の上に置いて乾かしてから染めると、他の部分が染まることで白抜きの図柄になる、という方法です。難易度は高いです。

※型染めをする方法はこちら→ 自宅で型染めするやり方

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。