草木染で布に絵を描く(型染め)

型染めで染めた布

布に絵を染めるやり方、型染めについてやり方を説明します。1つの色で染めるシンプルな方法です。

切り絵みたいな型紙を作り、色をつけない部分にノリを置いて乾燥。その後に色を染めて、最後にノリを洗い流せば、型紙の絵が布に描かれた状態になります。

草木染で染物に模様をつけるといえば、藍染の絞り染めが一般的だと思いますが、それより図柄がはっきりと、意図した絵が書けます。

※習った講習会のことは、こちらに書いています → 藍熊染料で染物体験

染めた日:2019年1月12日~2019年1月13日

草木染めで布に絵を描く材料・道具

複数の植物・染料で5枚染めましたが、ここではワイルドストロベリーについて説明します。

  • 防染糊(講習会でもらった蒸し糊を使用)約30g ※染料店の防染糊を使ってください
  • 染料 ワイルドストロベリーの葉っぱ 24g
    ※草木染めに使う植物の量の目安はこちら→ 草木染め材料の植物や染料の量
  • 木酢酸鉄液 1滴(誠和で購入したもの。色止め。鉄だと落ち着いた色になる)
  • 綿キャンパス地(帆布9号。1枚 6g、14×10cm長方形)
  • 洋型紙(27×22cmにカットしたもの。布より大きいサイズ。図柄プラス余白が必要)
  • 糊置き用メッシュ枠 (枠は手作り。作り方はこちら→テトロンメッシュのスクリーンを自作
  • 糊を塗る道具(ヘラなど。パン作りに使うスケッパーを使用)
  • 下に敷く板(カッターボードA1サイズとA2サイズを使用)
  • デザインカッター(藍熊染料で購入したNTカッターD-400P。普通のカッターでも代用可能)
  • 染料、媒染液、水洗い用の器 3個 (布が入る大きさ。バットと発泡スチロールトレイを使用)

草木染めで布に絵を描く手順

  1. 絵を画用紙に描く
  2. 型紙の上に絵を置いてセロテープで固定、型紙を切る
  3. 布をセロテープで板に固定、型紙を置く
  4. 型紙の上にメッシュ枠を置いて、糊を塗りこむ
  5. メッシュ枠と型紙を静かに布からはずす
  6. 糊を乾かす
  7. 染液を作る、水で薄める ※お湯ではなく水
  8. 鉄媒染液を作る(水に1滴たらす)
  9. 糊が乾いたら、染色・媒染。染液20~30秒・水洗い・媒染20~30秒の往復を5分間繰り返す
  10. ぬるま湯で糊を洗い落とす
  11. タオルで水分を吸収してから一晩自然乾燥、その後アイロン

草木染めで布に絵を染める方法

絵を描いて、型紙を作る

好きなものの絵を紙に描きます。画用紙にかきましたが、紙はコピー用紙でもチラシの裏でも、カッターで切れる物なら何でもよいと思います。三島のアルパカのココアちゃんを描きました。

アルパカココアちゃんのスケッチ

洋型紙の上に画用紙を置いて、セロテープで固定。デザインカッターで画用紙ごと型紙を切っていきます。

アルパカの型紙を切る

洋型紙はプラスチック製なので、セロハンテープを貼り付けてもはがせます。スプレー糊があれば、スプレー糊でとめたほうがしっかり留まって切りやすいです。

切り取った部分が、のりを置く箇所になります。

りんかくを全部切ると、単なる影をくりぬいた図になります。ところどころ、余白がつながる部分が必要です。首と足の部分に柵をいれて、柵をつなぎ目にしました。

アルパカのココアちゃんの型紙完成

他とのつながりが少ないパーツが多いと、弱い型紙になって作業がしにくいです。

型紙のサイズは、布より大きくないと糊がついてしまうので、布より大きめにします。糊を置いた時に余ったノリがつく部分として、上下左右の余白は必要です。

型紙と布のサイズ比較

糊置きをする

糊置きの作業はフローリングの上で行いました。スペースがあれば机の上でもよいと思います。カッターボードの上に、布を置いてセロテープで固定します。布の上下左右をしっかり固定します。

布をテープで固定

教室では水をスプレーするとベタベタする糊のついた板にのせたのですが、家にはないのでカッターボードとセロハンテープで代用しました。

板は、平らでノリがついても大丈夫なものなら、何でもいいと思います。薄いダンボールなど重さがない場合は作業する時にずれないようにテープなどで床に固定します。

複数同時に糊置きする場合は、他の布も準備しておきます。布の位置としては、作業のやりやすさを考えて左下と右上に配置しました。左下の作業後、自分がボードの逆側に立てば、右上の布が左下になり、作業がやりやすいかと思ったためです。やりやすそうな位置を考えて配置します。

カッターボードに布を固定

固定した布の上に、型紙を配置します。絵が布の真ん中になるように置きます。型紙は固定しません。(下の写真の型紙は右の余白がムダに多いです)

アルパカ型紙を布に配置

布が2枚以上ある場合は、この時点で、型紙に布端位置の目印をつけたほうがよいです。印をつけなかったので、次の布に型紙を配置する時に正しい位置にしにくかったです。

型紙の上に、自作メッシュ枠を置きます。糊をのばすことをイメージして、よさそうな位置に配置します。縦置きにしましたが、型紙が横に長いので横向きにすればよかったです。

アルパカ型紙の上にメッシュ枠を配置

自作メッシュ枠の作り方はこちらをご覧ください→ テトロンメッシュのスクリーンを自作

もらった蒸し糊です。作成後、常温で2日経った状態。スケッパーでまぜてみて、前回と変わらず、ねばねばっとしていたので、特に水は加えず、そのまま使いました。

蒸し糊とスケッパー

本来は糊置き専用のヘラをつかうべきですが、自宅にありません。パンを作るときに使うスケッパーで代用しています。扱い慣れている分、ヘラより使いやすいと思いました。ノリを均一にのばせるものなら、代用できそうです。お料理に使うゴムベラだとやわらかすぎると思われます。

スケッパーで糊を少しとって、メッシュの上から型紙に塗りこみます。厚すぎず、薄すぎず、均一に塗ります。その加減はまだよくわかりません。たぶん、上から図柄が少し透けて見えるぐらいがよさそうです。

下の写真は糊が厚すぎる状態です。

厚めに塗った糊

下の写真ぐらいのノリの厚さにしてみました。

今回の糊の厚み

メッシュ枠の左下を左手で押さえて、枠の右上を右手で持ち、枠を右から静かにはがします。型紙も一緒に持ち上がります。(下の画像は前回のものです)

手で枠を押さえる

型紙はメッシュにくっついていて、メッシュ枠を持ち上げると型紙も一緒に持ち上がります。

続けて2枚目の布の上に、その型紙とメッシュのセットを配置します。1枚目と同じ手順で糊置きします。メッシュ枠に型紙がついている状態なので、目印がなくて布のどこに型紙を置けばいいのか、わかりにくいです。

次の布に型紙を配置

同じ要領で、合計5枚の布に糊をつけました。

板の上に残った布は、糊が置かれた状態になります。この段階では、まだセロハンテープははがしません。

糊置きで描かれたアルパカ

糊置き後の後片付け

糊置き終了後、型紙のついたメッシュ枠を片づけします。

メッシュ枠の枠は、ダンボールで作っているので基本的には使い捨てです。でも、汚れなかったので今回は枠もとっておくことにしました。

メッシュ枠から型紙をはずします。

型紙を枠からはずす

型紙と、枠からはずしたメッシュをお湯につけて洗います。型紙は紙ではないので、ぬらしても大丈夫です。

アルパカ型紙をお湯につける

ノリはべとべとしているので、水では取れにくいです。ノリが多くついている場合は、スケッパーやダンボールなどでこそげておくと洗いやすいです。メッシュは網目が痛みやすいので注意します。

糊を乾かす

糊をドライヤーで乾かします。糊が乾いていないと失敗するので、よく乾かします。

糊をドライヤーで乾かす

染液の準備

いくつか染料を試しましたが、ここではワイルドストロベリーの葉っぱについて説明します。(比較的上手くできたと思うため)

染料になる植物をとってきます。ベランダのワイルドストロベリーの葉っぱを採取しました。

ベランダのへびイチゴのランナー

キッチンのザルいっぱいで、24g。布が6gなので布重量比400%でした。水洗いします。

ワイルドストロベリーの葉っぱ

ステンレス鍋に水500mlをいれて、葉っぱを入れて、ふたをして煮出します。最初は葉っぱが水に漬からなくても大丈夫です。

鍋に水と葉っぱを入れる

煮ているうちに葉っぱはしんなりします。沸騰したら弱火にして20分煮出しました。フタはします。

ワイルドストロベリー染色液の抽出

とれた染液の色はオレンジがかった黄色でした。(水量は写真よりも多くありました)

ワイルドストロベリーの染液の色

型染めするときにノリがとけないように、水で冷やすなどして常温まで染液の温度を下げておきます。

特に水は足さずに、抽出したそのままの濃度で染液として使いました。

鉄媒染液の準備

以前、ワイルドストロベリーで紙を染めた時、無媒染で染まった色が薄かったので、鉄媒染することにしました。

※紙をそめた時の詳細はこちら → 紙すき年賀状用の色紙作り(草木染め)

水200mlに、誠和の木酢酸鉄液の上澄みを1滴たらし、かきまぜて媒染液としました。

SEIWAの木酢酸鉄液

200mlに1滴は濃すぎかもしれません。でも、薄すぎると色がつかない可能性もあるので、濃い目でおこないました。

講習会で使った鉄媒染剤と家にあるものが違うので、型染めにする際の加減はよくわかりません。

染液と媒染液で染める

布の糊が乾いたことを確認してから、染める作業に入ります。

染液、媒染液、水洗い用の3つの容器を準備します。布が小さかったので、移動作業には割り箸を使い、器にはバット2つと発泡スチロールトレイを使いました。

前回のサクラ染めで媒染液の温度が高かったのが失敗要因かと思ったため、参考までに温度を測りました。

ワイルドストロベリーの染液は21℃、水洗い用の水は16℃、鉄媒染液は16℃でした。

まず、布は乾いているので、水洗い用トレイにつけて湿らせます。湿らせてから、布を染液に20~30秒入れます。バットに入れた染液は薄い黄色です。

ワイルドストロベリー染液に布を入れる

とりだしたら、水洗い用のトレイでさっと水洗いしてから、アルミ媒染液に20~30秒つけます。はじめなので透明の液体。色はまだついていません。

鉄媒染液に布をつける

媒染したら、水洗い用のトレイで水洗いします。

水洗いしているところ

染液20~30秒 → 水洗い → 媒染液20~30秒 → 水洗い → 染液・・・という作業を10分間繰り返しました。

お湯でノリを落とす

トレイにぬるま湯をつけて、台所のシンクで糊を洗い流します。旅館の使い捨て歯ブラシを使って落としました。ハケがあればハケで落とします。

歯ブラシで糊をおとす

自然乾燥して完成

タオルにはさんで水分を吸収した後、一晩自然乾燥しました。

タオルで水分を吸収する

特にアイロンはかけませんでしたが、中温でアイロンをかけたほうがよいと思います。アイロンをかけたほうが色が固定されます。

できあがりです。

乾燥後ワイルドストロベリー型染め

他の染料での結果

5枚をいくつかの染料でテストしました。

下の写真は、色が出た3つです。左側から、上で説明したワイルドストロベリー、ヘマチン(ディスポン処理あり)、ヘマチン(ディスポン処理なし)です。

アルパカの型染め結果

ヘマチンはロッグウッドという植物の固体エキスで、高田馬場にある誠和という染料店で買いました。

ディスポン処理したものは青が濃い紫、ディスポン処理無しは紫になりました。ヘマチンは色が濃くて、糊まで色がついてしまい、その影響で糊の近くが汚い感じになったと思います。

裏から見ると、ディスポンなしの裏面は、糊部分が鮮明に染まっていました。

染めた布を裏からみたところ

ヘマチンなど他の染料の詳細は、別の機会に書きたいと思います。

草木染で布に絵を染めて思ったこと

  • 今まで草木染めでは無地を染めていたので、絵柄がかけて楽しい
  • 集中力がとぎれるので、型紙作りと染色は別の日がいいかも
  • わからないところは、講習会に行った時に確認したい

※桜染めでの型染めはこちら→ 自宅で型染めするやり方:サクラ染め