玉ねぎ染めの方法

玉ねぎの皮で染めた綿糸

玉ねぎの皮を使った草木染めの方法について書きます。身近で簡単。よく行われている染物です。

木綿の糸を黄金色に染めましたが、木綿のハンカチも同じように染まります。

玉ねぎ染めの良い点

木綿がそのままで染まる

綿を草木染めする時は、濃染処理(豆乳下地など)をしないと薄くしか染まらないことが多いです。でも、タマネギ染めはそのままで濃い色が入ります。これが最大の利点だと思います。

材料が手に入りやすい

お料理に使う玉ねぎの皮をむいて、とって置けばいいだけ。少量でも濃い染液が取れるので、玉ねぎ3~4個分あれば自宅で染物ができます。

明るく濃い色に染まる

タマネギの皮の色素はケルセチンです。ポリフェノールで、フラボノイド系色素。黄色を染めるのに使われます。

アルミ媒染で黄色、明るい黄金色に染まります。時とともに染めた色が変化するので、その色の変化も楽しめます。

玉ねぎ染めの材料と道具

材料

  • 染めるもの(今回は木綿糸1カセ18gを染めました。薄いストールなら1枚、ハンカチなら2~3枚くらい)
  • タマネギの皮 5~10g(3~6個分)
  • みょうばん(スーパーで購入できる漬物用の焼みょうばん)大さじ2

※焼みょうばんはスーパーの乾物コーナーのあたりに売っています。

道具

  • ナベ
  • バケツやタライ 3個
  • ボール(みょうばんを溶かす容器)
  • 計量スプーン
  • ザル
  • こし布(フキンや晒し布などでもOK)
  • ゴム手袋(染色中はゴム手袋をする)
  • 割りばし(かき混ぜる用)

玉ねぎ染めの流れ

玉ねぎの皮を煮て染液にして、糸や布をつける

色止め用にみょうばん液も作って、糸や布をつける

もう一度染液につける

洗って乾かす

※草木染めの基本手順と同じです→ 草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

玉ねぎ染めの具体的な手順

皮を煮出す

ためていたタマネギの皮10g。小さめのビニール袋に半分くらいの量です。この半分くらいでも大丈夫です。もっと多いと、赤茶色っぽさが強くなる気がします。

ステンレス鍋に水2リットルと玉ねぎの皮を入れて、フタをして強火。沸騰後20分煮出しました。

液をこして、バケツで受けます。フキンでこしたら、フキンまで黄色に染まりました。染液が濃いです。

タマネギの皮を濾す

玉ねぎの皮の染液の色は、赤茶色でした。

糸や布をお湯につける

煮ている間に、バケツにお湯(お風呂ぐらいの温度。40℃)を入れて、糸や布を広げてつけておきます。新品の場合は、台所洗剤で軽く洗ってから行います。

地入れ

※濃く染まるので、模様入れも向いています。布に模様を入れたい場合はこちら参照→ 布に絵を描く、模様を入れる

糸や布を染液につける

糸や布の水けを軽くしぼって、広げてから玉ねぎ染液に入れる。ゴム手袋をした手やワリバシで時々糸や布を動かしながら20分。糸や布が水面に浮かないようにします。布の場合は、布と液体の間に空気が入らないようにします。

タマネギの染液で染める

※糸や布が水面から出る、動かしずらい場合は、染液にお湯を追加して水量を増やします。

水洗い

布や糸を取り出して水けをしぼる。別のバケツに水をためて軽く水洗い。水気をしぼる。※染液は再度使うので捨てないこと

みょうばんを溶かす

みょうばん大さじ2を500mlの熱湯にまぜて溶かす。少し時間を置くと液が透明になる。透明にならない場合は熱湯を足して溶かす。

焼みょうばん
ミョウバンを熱湯で溶かす
みょうばんが溶けた透明の液

みょうばん液を作る

バケツに水2.5リットルを入れ、透明になったみょうばん液を入れ、まぜる。

みょうばん液を溶かす

布や糸をみょうばん液につける

布や糸を広げてから薄めたミョウバン液に入れます。時々、ゴム手袋をした手で動かしつつ20分。糸や布が水面に浮かないようにします。布の場合は、布と液体の間に空気が入らないようにします。

玉ねぎ染めのアルミ媒染

アルミ媒染で、黄色に発色します。

水洗い

20分経ったら、布や糸を取り出して水けをしぼる。別のバケツに水をためて、布や糸を軽く水洗い。水気をしぼる。

再び染液につける

再度、布や糸を広げてから染液に入れる。ゴム手袋をした手で時々まぜながら20分つける。染まりが薄すぎる場合は、つける時間をのばす。

タマネギの染液で染める

水洗い

20分経ったら、布や糸を取り出して水けをしぼる。別のバケツに水をためて、水洗い。最後の水洗いはしっかりやって、水気をしぼります。

黄金色。濡れた状態より乾くと色は薄まります。

染め終わった玉ねぎ染め刺し子糸

乾かす

水気をよく絞って、日陰に干します。写真はお風呂場に干しているところです。乾くまで金属に触れないようにします。ステンレスは大丈夫です。

できあがり

今回のできあがりは、黄金色でした。自然なものなので、その時々で微妙に違う色あいに染まります。

玉ねぎ染めの色あい

しっかり染めたい時は、完全に乾いてから同じ作業を繰り返します。

玉ねぎ染めの鉄媒染でカーキ色

みょうばん媒染のところを、鉄媒染に変えれば、同じ染液でカーキ色にも染まります。

タマネギ染めの緑色

※玉ねぎ染め鉄媒染の詳細はこちら→ 玉ねぎの皮でカーキ色に染める

※鉄媒染の詳細はこちら→ 媒染とは(鉄媒染、銅媒染の媒染剤)


※ピンクに食べ染めしたい時は、アボカドがおすすめです→ 簡単アボカド食べ染めレシピ

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。