藍熊染料のヤシャブシ染め研究会

ヤシャブシ染めのシルクスカーフ

浅草・藍熊染料の草木染の研究会に月1回ペースで通っています。これで4回目。今回は矢車附子を染めました。

毎回、異なる植物染料について、さまざまな条件で布を染めて違いを研究するスタイルのワークショップです。特に何か作ることが目的ではなく、草木染めの勉強が目的です。

写真は、オマケのスカーフをわたしが自分で染めたもの。スカーフの黄色っぽい部分がアルミ媒染、黒っぽい部分が鉄媒染です。黒のつもりが茶色っぽくなってしまいました。ちょっと間違えて、鉄にしようとしたところをアルミにしてしまって、後から鉄にしたからかも。

参加した感想を書きます。

※講習会の案内に「講習会中の写真撮影はご遠慮願います」とあったので、講習会中の写真は載せていません。
※どこまで講習会の内容をネット上に書いてよいのかわからないので、参加した感想を書いています。

染めた日:2019年3月29日

草木染 試験布研究会のこと

この講習会の概要はこんな感じです。

  • 草木染 試験布研究会(個別クラス)(山崎樹彦先生) 10時~16時 税込7560円/1回
  • 1回ずつ申し込みするタイプの講習会
  • 代表的染料について、複数の条件での染色テスト。月1回で2年間で染料がひとまわりする。
  • 染めた生地の見本がもらえる。パウチあり、なしが選べる

染料の研究中心なので、「この染料の染め方を知りたい」と思っている植物がテーマの回に出るのがオススメです。染めるのは小さい布なので、大きいサイズの布を使った染め方は習えません。

※今まで参加した草木染の研究会の話はこちら
草木染の研究会に参加:キンモクセイとクサギ
研究会で草木染め体験:ザクロとクヌギとエンジュ
枇杷染めの研究ワークショップ

ざっくりと知りたいだけなら、草木染セミナー「草木染問答」というものもあります。2019年4月9日(火)が鉄媒染グレー、2019年7月8日(月)が黄色、2019年10月4日(金)が実、2020年1月14日(火)が酵素利用がテーマで、結果だけ知ることができるので、お得といえばお得です。こないだ桜染めを習ったセミナーも、この「草木染問答」の赤茶でした。

※桜染めセミナーの話はこちら→ 桜染めセミナーに参加

藍熊染料の草木染めのワークショップについて

今後、2019年度の藍熊染料の講習会については、案内チラシが出ています。藍熊染料のホームページの「お知らせ」にリンクがあって、PDFで載っています。詳しくはそちらを見てください。

※追記:藍熊染料のホームページの「講習会」のページにも情報がアップされています。

気になっている草木染めのワークショップがいくつかあります。予約しようと思っているものの、今後の労働状況によっては都合がつかないので、日程が近づいてから申込もうかと思っています。一部の講座には、土曜日のクラスや平日夜のクラスもあります。

「草木染め 基礎をしっかり学ぶ」(7テーマ)と「材料から探る1 アカネの木版プリント」(2日続き)が気になっています。どれかには出たいです。習いたいものはたくさんあるものの、予算と時間の関係で悩みます。

藍熊染料の講習会の場合、1回ずつ申し込めるタイプの講座が多いので、申し込みやすいです。

手軽に楽しめそうなものとしては、唐紙を染める2時間のワークショップ。3780円。型染めのクラスでサンプルを見たのですが、お花の柄がキレイでした。

初めて申込む場合は、藍熊染料ホームページの「講習会」のページから「お申し込みフォーム」を使うのがオススメです。そこから予約すると、講習会が近づくと郵送で案内が届きます。料金は当日現金払いです。FAXでも申込みできます。

ヤシャブシの実

ヤシャブシを染めるのは今回初めて。写真や染料店のパッケージを見たことはあったけど、ヤシャブシの実の実物を見たのも初めてです。

松ぼっくりを小さくしたような形状なので、ちょっとしたディスプレイによさそう。手作り市に出店するときのディスプレイにしたいです。インスタ映えもしそうです。ハンノキ科の実です。

ヤシャブシ(ハンノキ)の実

鉄媒染で黒を染められる染料だと思いますが、私が染めたいコットンの場合、染まり具合は灰色だったので、色としてはつまらないかも。この講習会では基本的に濃染処理はしないので、濃染処理をした場合の色はわかりません。でも、やってみたら黒にもなるのかな?

アルミ媒染だと、シルクだと金色っぽい黄色。木綿は素朴さのあるおさえ気味の黄色なので、よさそう。

どの時期のものをとればいいかも習ったけれど、自然から採取することは私にはない気がします。

染め残ったヤシャシブの実を少しもらってきたので、いつの日か、自宅でも布を染めてみる予定です。

おまけのスカーフ

残り液で、おまけの絹スカーフを染めました。

ヤシャブシ染めのシルクスカーフ

他の人より染まりが薄くなった気がします。黒ではなくて茶色っぽくなってしまいました。間違えて、鉄にしようとしてアルミにしてしまって、後から鉄を重ねたからかも。あと、わたしが繰り返して濃くするのが下手なせいかもしれません。

着用イメージはこんな感じ?(スカーフをしないから、巻き方がよくわかりません)黄色と黒の境目部分は前よりうまくできた気がします。切れ目が不自然にクッキリではなく、グラデーションのようにできました。

ヤシャシブ染めのスカーフ着用イメージ

藍熊染料で買ったもの

講習会に出た日は割引になるので、今回は、染色用の布小物を買いました。

知り合い2人から頼まれた分としては、ハンカチ類。わたしは友達が少ないので、人から頼まれて買い物をする日が来るとは思っていなかったので、不思議な気持ちです。好きな方向(ハンドメイド系)で人とつながるのはよいものだなあと思います。

  • 綿100%ガーゼタオルハンカチ 27×27cm(税別200円)
  • 綿#60厚口ローンハンカチ 43×43cm (税別235円)
  • 綿100%バンダナ(スクール用) 53×53cm(税別280円)

自分用は、コットンの風呂敷。主催するヨモギ染めのワークショップで染める素材を悩んでいて、その参考にしようと思って、風呂敷を買ってみました。風呂敷や手ぬぐいを染めるなら、模様を入れたいと思うのですが、まだそこまでできない、という悩みがありつつ、練習用に購入。

  • 綿シャンタン小風呂敷 63×63cm (税別400円)

藍熊染料で買うものとして、おすすめはテトロン紗(目の細かいメッシュ)です。こし布に最適です。紙すきにも役立てています。

こし布にしているのは、80番の目の細かいメッシュです。900円もしますが、繰り返し使えます。

テトロンメッシュ紗

こし布用のテトロンメッシュ紗

ちなみに、型染めのスクリーン用にしているのは、24番のテトロン紗です。もう少し目が粗いです。

藍熊染料のテトロン紗


草木染めを学びたいと思ったら藍熊染料の講習会、おすすめです。

とりあえず草木染めというものを楽しんでみたいと思っていて、東京近郊にお住まいの方は、わたしのワークショップ(みんなで一緒に草木染めをする会)にぜひ来てください。

※次回の募集はこちら→ 2019年4月14日(日)草木染めワークショップ参加者募集