紙すき年賀状用の色紙作り(草木染め)

草木染めの手すき牛乳パック紙

牛乳パックから手すきで作った紙(ハガキ大)を草木染めで染めて、色紙にしました。自己流ですが、染め方を説明します。

写真の上段は、左から、河内晩柑の皮、ワイルドストロベリーの葉っぱ、りんごの皮(鉄媒染)、巨峰の皮。写真の下段は、左3枚が山桜、右2枚が茜です。

この色紙は、紙漉きの手作り年賀状を10枚作るという壮大な計画に使います。好きなデザインにカットして、すきこみ用の色紙にします。イメージは和紙風の年賀状。お年玉つきの年賀状用の切手を貼って投函します。

※紙すきハガキの作り方はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法
※年賀状ハガキの注意点はこちら→ 手作りはがきで年賀状を出す方法

染めた日:2018年12月22日~2018年12月24日

草木染め色紙作りの材料

  • 牛乳パックから作った紙 ハガキ大(約15cm×10cm)1枚1g 9枚
    ※紙の作り方はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法
  • 好きな植物、染料
    • 河内晩柑(食べた残りを冷蔵保管)16g
    • ワイルドストロベリー(ランナー部分の茎と葉っぱ)11g
    • りんごの皮(食べた残りを冷凍保管)15g
    • 巨峰の皮(食べた残りを冷凍保管)15g
    • セイヨウアカネの根(誠和で購入した乾燥染料)5g
    • 山桜の染液(春に枝から抽出して常温保管)40ml
    • 山桜の枝(春に抽出した残り枝)5g
  • 木酢酸鉄液(誠和で購入したもの)1滴 ※リンゴのみ、色がつかなかったため使用。
  • ディスポン 2mL(誠和で購入。木綿・麻を濃く染める濃染剤。成分:特殊カチオン性高分子)
    ※濃染剤についてはこちら→ 濃染剤カラーアップZBとディスポンについて

草木染め色紙作りの手順

  1. 事前の準備:牛乳パックから紙を作る(薄めに作る)
    ※紙すきの方法はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法
  2. ディスポン処理:水500ml、ディスポン2cc、熱湯から、時間20分
  3. 水で洗う
  4. それぞれの原料から染液をつくる(水200ml、材料をステンレスナベで20分煮る)
  5. 染液に漬ける(ステンレスバット、発泡スチロールトレイを使用)
  6. (リンゴのみ)鉄媒染 200mlに木酢酸鉄液1滴 常温20分
  7. (リンゴのみ)水洗い
  8. (リンゴのみ)再度染液に漬ける
  9. 染液をとりのぞいて、そのまま自然乾燥、もしくはアイロンで乾かす

草木染め色紙作りの写真と説明

紙すきくんで作った紙を染めます

染めるものは、牛乳パックをとかして自分で作った紙です。サイズはハガキの大きさですが、1枚1gの薄い紙です。

牛乳パックから作った紙

パルプの状態で染めて、それを紙すきしたほうがよさそうですが、パルプの量がぎりぎりだったので、紙にしてから染めることにしました。

※紙すきの方法はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

ディスポン処理

はじめに濃染処理をせずにリンゴと河内晩柑を染色したところ、色がつかなかったため、濃染することにしました。

濃染にはディスポンを使いました。ディスポンは木綿・麻を濃く染める濃染剤です。紙にも使うものなのかは不明ですが、紙も植物原料なので効くかと思い使いました。

洗面器に熱湯を500mlを入れて、ディスポンを2ml入れてかきまぜ、ハガキをひたして20分。紙が傷つかないように時々ゆすります。

紙のディスポン

染めた紙9枚のうち、2枚はディスポン無し(桜1枚とアカネ1枚)で染めましたが、薄い色でした。

家にある原料から染液作り

染める紙が1gと少ないので、それぞれ水200mlに漬かるぐらいの原料を20分煮出しました。色あいよりも、草木染めに使おうと貯めていた果物の皮や、家にある材料を使うことを優先しました。

巨峰は今年食べたものです。皮を冷凍庫に保管していたのでそれを煮出しました。

巨峰の皮から染液抽出

ワイルドストロベリーは、ベランダの植木鉢からランナー(伸びる茎)が伸び放題になっていたので、それをナベに入る程度切り取りました。葉っぱも茎も一緒にナベに入れて抽出しました。

ワイルドストロベリーのランナー

ワイルドストロベリー染液の抽出

河内晩柑も今年食べた時の皮です。冷蔵庫に保管すると乾燥状態になるので、それを野菜庫にためています。手でちぎって煮ました。

河内晩柑の皮から抽出

リンゴは最近よく食べているサンフジの皮を使いました。紅玉など皮が赤い品種なら、もっと色が出たかもしれません。

リンゴの皮を煮出す

アカネは、染色材料店SEIWAで買った乾燥染料(セイヨウアカネ)を使いました。勉強不足で、温度は80度までにするべきところを、強火で加熱。赤くならずにくすんだ紫色になりました。

茜の染料を煮出す

煮出した後のナベは汚れがつきました。スチールウールや激落ちメラミンスポンジでこすって落とします。

アカネを煮出した後のナベの汚れ

山桜は、春に抽出した染液が残っていたので、それをお湯で薄めて使用しましたが、オリがでてしまって染まり方が汚かったので、残っていた枝から再度染液を抽出することにしました。

桜の枝から煮出す

ワイルドストロベリーや山桜、アカネは、細かいクズが入るため、染液を移す際にお茶パックでこしました。

お茶パックでろ過するところ

春に枝から抽出した濃い染液もあったので、それも水で薄めて染液にしました。

山桜染めの染液

染色には発泡スチロールトレイを活用

染液をバットや発泡スチロールトレイに入れて、紙を20分ぐらい浸します。温度は20~40℃くらいでした。

バットは、ステンレス製なので草木染めにぴったりですが、サイズがハガキより大きく、染液の水位が低くなることや、2つしか持っていないことが難点。

リンゴと河内晩柑染め初回

そこで、リサイクルに出そうと思っていた発砲スチロールトレイを使ったら、ジャストサイズでした。発砲スチロールトレイの耐熱温度は70~90度らしいので、極端な熱湯でない限りは使えるかと思います。

スチロールトレイで染色

※写真は左上から、ワイルドストロベリー、山桜(残った染液を薄めたもの)、巨峰、河内晩柑、リンゴの染液

リンゴは鉄媒染

リンゴはほとんど色がつかなかったため、鉄媒染にしました。染色が終わったら、さっと水にくぐらせてから、媒染液に入れます。

媒染液は、200mlの水に木酢酸鉄液を1滴入れたもの。常温で20分。灰色になりました。

リンゴ染めを鉄媒染

紙を乾燥させる

染めた後も、液をシンクに流して、紙をトレイに残したままで自然乾燥しました。

巨峰の染液を捨てるところ

トレイのまま一晩放置して、乾燥させました。トレイに紙がはりついたままになります。窓ガラスなどに貼り付けて乾燥するより、手軽です。乾燥すればパリッと気持ちよくトレイから紙がはがれます。

乾燥後のスチロールトレイ

※写真は左上から、山桜(オリが出たもの)、ワイルドストロベリー、リンゴ(鉄媒染)、巨峰、河内晩柑で染めた紙。

アイロンをかける場合は注意する

アカネ染めは、染色直後は赤紫色でした。

染色後のアカネ色

追加作業だったので、乾燥を急いでアイロン(中温)で乾かしたところ、変色しました。赤みがさらに抜けて、茶色っぽい紫色になりました。そしてところどころ黄色に。

アカネ染めの変色

キレイな色あいのものは、自然乾燥したほうが安全です。

草木染めの色紙完成

紆余曲折3日間かけて、ようやく9枚の色紙が完成しました。

草木染めした紙

草木染め色紙作りで思ったこと

  • 少量でできるので色のプレテストとしてよいと思う
  • アカネが退色してしまったので、赤の色紙ができなかったことが残念
  • 巨峰がとてもはっきりした紫に染まったので、巨峰でマフラーを染めたい
  • 次やる時があれば、もっとカラフルにしたい

次はこの紙を切り刻んで模様にして、紙すきでハガキを作って、それを漉きこみます。その話はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

紙を染めるのではなく、パルプを染めて色紙を作ることもできます。そのやり方はこちら→ 牛乳パックの草木染めメッセージカードを作る方法