牛乳パックの草木染めメッセージカードを作る方法

牛乳パックの草木染めメッセージカード牛乳パックから作ったパルプを草木染めして、はがきサイズのメッセージカードに紙すきしました。使った植物は、左からアカネの根、ブルーベリーの紅葉、五倍子(ヌルデの虫こぶ。おはぐろの原料)です。茜でピンクに染めた紙について作り方を説明します。

作りたては少し波打ちますが、本にはさんで重石をしておくとまっすぐになります。

気分は小学生の夏休みの工作や自由研究。イメージは昔好きだった画家のマークロスコ。実用ではなく、アートだと思ってはじめて草木染めした作品です。

※注意点:郵便ハガキとして使えるかは検証していません。

染めた日:2019年3月9日~2019年3月10日

牛乳パックの草木染めカードの材料

  • 牛乳パックから作ったパルプ 牛乳パック4枚分
    ※パルプの作り方はこちら→ 牛乳パックから紙すき用のパルプを作る
  • セイヨウアカネの根(染料店の誠和で購入した乾燥染料)6g
  • 焼きミョウバン(染料店の誠和で購入。スーパーでも購入可能です。)3g
  • 道具:紙すきくん(紙すき用のキット)、目が細かいメッシュ(テトロン紗、オクラが入ったネットなど)、ダイソーの8Lバケツ
    ※紙すきくんについてはこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

草木染めメッセージカード作りの手順

  1. 事前の準備:牛乳パックからパルプを作る ※パルプの作り方はこちら→ 牛乳パックから紙すき用のパルプを作る
  2. アカネの根6gを水400mlに入れて、ステンレス鍋で20分加熱
  3. 根をこす。水量が少ないのでお湯200ml追加して、染液にする
  4. 染液にパルプを入れて10分煮込む
  5. 水でパルプを洗う
  6. みょうばん媒染液にパルプを20分漬ける
  7. 水でパルプを洗う
  8. 再度染液にパルプを入れて10分煮込む
  9. 水でパルプを洗う
  10. 紙すきくんセットで紙すきする ※紙すきの基本手順はこちら→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

※染め方の手順は布と同じです。布の草木染め方法はこちら→ 草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

牛乳パックの草木染めカード作りの写真と説明

牛乳パックで作ったパルプ

牛乳パック4枚分で作ったパルプの6分の1をアカネで染めました。パルプの量は、水分を含めて150gくらいです。メッセージカードの白い部分は、染めなかったパルプをそのまま紙すきに使います。

パルプをザルで洗う

セイヨウアカネの染料作り

使ったのは、誠和(高田馬場にある染料屋さん)で買った西洋茜の乾燥染料です。100g1200円くらいで買えます。

西洋茜の乾燥染料

アカネの根は、木の枝みたいな根っこです。赤っぽい粉が表面についています。

西洋茜の染料

アカネの根6gを水400mlに入れて、ステンレス鍋で20分加熱しました。液は濃い赤です。

アカネの染液の抽出

茜の染液の温度は、高すぎても低すぎても色がくすむらしいので、温度計を入れて85℃位を意識しました。最適温度はよくわかりませんが、紙はピンクに染まったので問題なかったと思います。

食酢を少し入れる、というやり方もあるようですが今回は入れませんでした。

植物繊維を染める場合、濃く染まるように濃染処理をすることがありますが、今回はしていません。

ちなみに、染液を高温で煮出して、牛乳パックで作った紙を濃染処理(ディスポン)した際は、こんな色に染まりました。ちょっとくすんだ赤紫色で、味のある色でした。

染色後のアカネ色

パルプを茜染液で煮る

抽出した染液の水量が少なかったので、200ccのお湯を加えました。パルプを入れて、85℃くらいに保ちつつ、10分煮ました。

茜染液でパルプの染色

煮終わったら、ボールの上に、ザルとこし布を置き、パルプをこします。染液はまだ使うので、ボールで受けて取っておきます。

パルプをこす

こし布を使って水分を絞ります。

テトロン紗でパルプをすくう

しぼったパルプは、紅イモの茶巾絞りみたいです。紫がかったピンク色に染まっています。

茜で染色したパルプ

ボール、ザルとこし布を使ってパルプを水洗いします。

みょうばん媒染

焼きミョウバン3gを少量の熱湯で溶かして、透明になったら水を追加して、合計400mlにします。

ボールに媒染液を入れて、パルプを漬けました。媒染は常温です。

パルプのアルミ媒染

終わったら、染液の時と同じように、ザルやこし布を使ってパルプを絞り、水洗いします。

再度染液で煮る

パルプの水気を絞って、残った染液で10分煮ました。1回目と同様、85℃程度を意識しました。染液はオレンジっぽさが増した感じです。

パルプを染液で煮る2回目

1回目と同様にパルプをこして、水洗いしました。水気を絞って染めは終了です。保管する場合は、パルプに水分を含めて、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管します。

アカネ染めのパルプ

残った染液の色はオレンジっぽい色でした。

残ったアカネ染液の色

紙すきをする

紙すきの基本手順はこちらをみてください→ 牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

今回の紙漉きの特徴は、染色部分と白部分が2つに分かれているところです。

ダイソーの8Lバケツに水2Lを入れ、アカネで染めたパルプを入れて、よくかき混ぜます。2Lが紙すきくんで紙すきできるぎりぎりの水量です。白パルプは牛乳パック4本分のパルプの半量(牛乳パック2本分)を水6Lに溶かしました。

紙すき用にパルプを水に溶かしたところ

紙すきの下枠に、白パルプにしたい部分にメッシュをひき、上枠を乗せてはさみます。この状態で木枠をバケツに入れて、パルプをすくいます。

テトロン紗でさえぎる

全体にピンクのパルプがのります。メッシュをひいた部分をはがしたいので、紙すきくん付属のネットをはがしたくない上の部分にかぶせて保護します。

アカネ色のパルプをすくったところ

はがしたくない部分を押さえながら、ゆっくりメッシュをはがします。アカネのパルプが上の部分だけになりました。

メッシュをはがす

アカネのパルプをネットで保護したまま、紙すき枠の上枠を上に置きます。そのまま白パルプを紙すきします。

上枠を上に置く

全体に白いパルプが乗っています。

白パルプを紙すきする

下のパルプの上にメッシュを置いて保護しながら、上のメッシュをはがします。

メッシュをはがす

押し板を押し当てて水気を絞り、枠をはずします。

押し板に乗ったパルプ

バスタオルに押し当てて、あて布をしてアイロンをかけました。

できあがり

全体を染めたパルプにして、色紙にしたものも作りました。すこし波打ってますが、本にはさんでオモシをすると落ち着きます。

草木染めメッセージカード

牛乳パックの草木染めカード作りで思ったこと

  • 無地が好き。ただそこに色がある感じが好き
  • 染色部分と白部分のさかいめを直線にするのがむずかしい
  • パルプを染めるのではなく、紙すきした後に一部を後染めするとどうなるのか、今度やってみたい
  • 真綿や原毛を染めるのはハードルが高いけど、牛乳パックで作ったパルプなら手軽にできる

王子・飛鳥山にある紙の博物館での紙漉き体験が役に立ちました。その話はこちら→ 紙すき体験。牛乳パックではがきを作る