藍熊染料で染物体験(型染め)

型染めで五倍子染め東京・浅草にある藍熊染料に、草木染の型染めを習いに行ってきました。

秋に紺屋めぐり(新宿区の染物イベント)のツアーに参加した時、「型染めをしてみたい!」と思ってから、はや3ヶ月。やっと型染めを習うことになりました。

  • 草木染 型染研究会(山崎樹彦先生) 10時~16時 税込7560円/1回
  • 洋型紙1枚、染める素材付き(テーブルセンター、エコバック、コースター、帆布、和紙などから選ぶ)
  • カッターは持参(藍染染料のお店で購入可能)

みんなで一緒に同じ工程を習うタイプではなく、自分でやることを決めて、それぞれ進める形式です。でも、使う染料や糊などは一緒に準備して共有するので効率的です。

1回ずつ申し込みするタイプの講習会ですが、参加者8人のうち、はじめての人は私ともう1人だけでした。慣れている方が多くて、自由で研究熱心な染物教室、という感じです。

自由なので、自分の型紙を使ってもいいし、用意された型紙を使うこともできます。染めるものも、自分で持ってきた布を染めてもいいし、もらえる素材から選んで染めることもできます。

わたしは、9号帆布を選び、カットして使いました。型紙を切るところを中心に進めて、試しに1つの色でシンプルに染めてみました。

自分の作業よりも、周りの人のやり方を見たり教わったりして、とても勉強になりました。

これから月1回ペースで通って、型染めの基本を習得する予定です。

おみやげに蒸し糊をもらってきたので、近日中に自宅の限られた道具でできるか挑戦します。

※講習会の案内に「講習会中の写真撮影はご遠慮願います」とあったので、講習会中の写真は載せていません。
※どこまで講習会の内容をネット上に書いてよいのかわからないので、細かい技法は書いていません。

染めた日:2019年1月10日

はじめての型染め

今回は、1つのスケッチからできた違う型紙4つをカットする練習をすることにしました。

写し取る絵を洋型紙の上に配置して、切り抜いていきます。下にひくのは普通のカッターボードより、柔らかい感じのマットでした。

型染め用のカッターを藍熊染料で買いました。定価税別400円を12%割引。

デザインカッター

小刀みたいな形で、普通のカッターよりは細かいところまで切りやすいです。角度の違う替え刃(30度と45度)が5枚ずつ入っています。45度より30度のほうが切りやすいそうです。

型紙用の紙は講習会で1枚ついていますが、自宅用にも1枚買いました。皮革みたいな茶色い紙(でも素材はプラスチック)でサイズは54×90cmです。定価税抜930円を12%割引。

型染め用の洋型紙

カッターの使い方や、絵の置き方などのコツを先生に教わって、黙々と切り抜きしました。

こういう作業は好きなので、集中さえできればできそう。でも、集中力がきれて力加減を間違えると、切ってはいけない場所を切りそうになります。

4つのうち2つ切りました。

1つは染色まで進めることにしました。糊の置き方・ヘラの使い方も教わって、作った型紙に蒸し糊を置き、五倍子で染めました。サザンカ柄です。サイズは17cm×17cmぐらいです。

型染めで五倍子染め

くっきりはっきり図柄がついてうれしかったです。この方法、むりやりステンシルで手作り年賀状をつくる前に習っておくべきでした。

もう1つは、糊を置いて、ぼかしの色を置く練習をしました。

ラックと藍で色さし

上の写真は、刷毛で色をのせた段階。赤がラックダイ、青っぽいところが藍です。ここまでしか進まなかったので、持ち帰って自宅で全体を染めます。

絵の線の部分(黄色っぽいところ)は、糊がのっている状態です。全体を染めて糊を落とすと、糊が置かれた部分が白抜きになります。

ぼかしの色さしは苦手です。紺屋めぐりで友禅染め体験をした時と同様、上手くイメージできないし、つけすぎるとそこだけ液体がしみこんだ色になってしまいます。

他の人の工程もついでに習う

染料の作り方、紗張り(型紙につける細かいアミ)のやり方、色の抜き方など、他の人の作業を見ることで勉強になりました。

完全には覚えられなかったけど、こういう風にやるんだ、ということが少しわかりました。

あと、蒸し糊の作り方を教わりました。秘伝?かはわかりませんが、浸し染めをしてクッキリハッキリさせるのって、糊が重要そうです。

紺屋めぐりで糊画工房の見学に行った時も思ったけれど、染まるのを防ぐための糊っていろいろあって、よくわからないです。そういえばその時、「クッキリハッキリなら化学糊でいいんじゃないの」と職人さんに言われたことを思い出しました。草木染めには草木染めに向いた糊があるのかな。そのあたりはまだよくわからないので、これから習っていこうと思います。

草木染めを独学ではなく習うこと

教室で五倍子を鉄媒染で染めてみて、自分で五倍子染めをした時と色の濃さが全然違うことを実感しました。

私が自分で染めた色は、こんな色です。

五倍子染めのドロップショルダーブラウス

この藤色っぽい感じは、これはこれで気に入っているけれど、薄いです。これを濃くしようとしても、わたしには習わなかったらできなかったと思います。

次に五倍子で服を染め直す時は、習った方法を参考にして濃く染めたいです。

習い始めて、独学の限界というか、きちんと教わることの大切さを感じました。

藍熊染料の講習会

藍染染料のお店

講習会を開催しているのは、東京・浅草にある染料のお店「藍熊染料」です。

土日祝日がお休み。平日労働者だった私には今まで行くことができなかったお店です。

いわゆる浅草の中心地、雷門あたりからは少し離れた大通り沿いにあります。草木染め関連の講座がたくさんあるので、また別のワークショップにも行くつもりです。

現金払い(クレジットカード不可)なのがメンドクサイですが、1回1回クラスを申し込めるのがよいです。

草木染め関連だと、下記の講座があります。

  • 草木染 基礎をしっかり学ぶ(上野八重子先生)
  • 草木染 糸染基礎クラス(上野八重子先生)
  • 浸染め防染で型染めを楽しむ草木染め(上野八重子先生)
  • 草木染 型染研究会(山崎樹彦先生)
  • 草木染 試験布研究会 個別クラス/自主クラス(山崎樹彦先生)
  • 草木染セミナー「草木染問答」 2019年 赤茶の染色/鉄媒染グレーの染色(山崎樹彦先生)
  • Tシャツの絞り染め(川﨑 壽子先生)

草木染の他にも絞りの技法やデザイン、化学染料などの講座もあります。材料費込みで1日8000円前後の講座が多いです。

詳しいことは、藍熊染料のホームページの、講習会のページをご覧ください。PDFがあって、そのPDFに詳細が書かれています。少しわかりにくいですが、ページの下のほうにPDFへのリンクがあります。

藍熊染料は、1Fに染料や道具があり、5Fにスカーフ、ハンカチ、巾着、Tシャツなど染色用の生地がたくさんあります。SEIWAより種類が多いと思いました。ファブリック向けのメーター売りの生地もあります。

講習会に出た日は割引になります。

今回は、型紙用のカッター(定価400円税別)と、洋型紙(定価930円税別)と紗(定価600円税別)と、綿のハンドタオル(200円税別)を買いました。赤文字の値札だったハンドタオル以外は12%割引になりました。

これから型染めでやってみたいこと

  • おみやげにもらった糊を使わねばならないので、自宅で染めてみる
  • 自分でデザインした型紙を作ってみたい
  • 風水対応の玄関用黄色い花のファブリックパネルを作りたい
  • 来年の年賀状は型染めで作りたい