草木染めでオリジナル年賀状2019

ステンシル風草木染め文字

霧吹きでステンシル風のロゴ文字を入れました。これで少しは年賀状らしくなりました。

アカネの染液を抽出してスプレーに入れて、吹き付けています。玉ねぎの皮からとった染料が重なっているハガキもあります。

HAPPY NEW YEAR 2019を入れるつもりでしたが、スペースと文字の大きさとの兼ねあいで、HAPPY 2019になりました。

柚木沙弥郎さんのような、レトロおしゃれな感じにするつもりが、かわいい系になりました。

液体で文字を書くということが、結構難しいことに気がついて、いろいろ悩んだ結果、スパッタリングという技法を使いました。

小学生の時に、網に絵の具をつけて歯ブラシでこすって、イラストや文字を白抜きした、あれです。美術の時間を思い出してがんばりました。

手作りで草木染め年賀状を作る計画の第3段階です。

第1段階はこちら →紙すき年賀状用の色紙作り(草木染め)
第2段階はこちら →牛乳パックで紙すきハガキを作る方法

あとは宛名とコメント書いて、お年玉付き切手を貼って投函するだけ。今日、年末でも開いている郵便局まで出しに行く予定です。

染めた日:2018年12月26日~2018年12月27日

草木染めで文字ステンシルの材料

  • 牛乳パックから作ったハガキ 12枚(牛乳パックで紙すきハガキで作ったもの)
  • セイヨウアカネの根(SEIWAで購入した染料)30g
  • 穀物酢 2cc(アカネの抽出用)
  • たまねぎの皮 6g(はじめの2枚に使用。色が薄い)
  • 赤カブの皮 42g(色がつかなかったので未使用)
  • 白抜き文字用の厚紙(しっかりめの紙。ケント紙を使用)
  • カバー用の物(画用紙、ダンボールを使用)
  • 道具:霧吹きスプレー(アイロン用。霧が細かいもの)
  • 道具:ピンセット

草木染めで文字ステンシルの手順

  1. 紙を文字の形に切り抜く(HAPPY 2019)
  2. 染液をつくる(水に材料を入れてステンレスナベで煮る)
  3. 霧吹きスプレーに染液をそのまま入れる
  4. ハガキ上に文字を配置
  5. 染めたくない箇所をマスキングして、スプレー
  6. 慎重にマスキングと文字をはずす
  7. そのまま自然乾燥

草木染めで文字ステンシルの写真と説明

切り抜いた文字を作る

文字のレイアウトを考えます。当初は、下記の写真のように文字を配置するつもりでした。

当初のレイアウト予定

カッターボードの上にケント紙を置いて、切り抜きます。厚紙ならケント紙でなくても大丈夫です。

文字をカッターで切り抜く

写真のカッターボードのメモリは1マス1cmです。1つの文字は1cm未満の大きさでした。

しかしながら、霧吹きテストした結果、1cm以下の文字だと小さすぎて文字がつぶれました。

写真の上が1cm未満の文字で書いたNEW、下が大きいNです。

霧吹きテスト

そこで、文字を一回り大きく切りなおして、ロゴ文字数を減らしました。1文字が1.5cm程度です。

白抜き文字の配置を変更

余白に文字が入りきらないため、Happy 2019にすることにしました。

たまねぎの皮から染料抽出

当初、染料はタマネギと思っていました。明るい黄色なら年賀状にぴったりだと思ったからです。

手元に集めたたまねぎの皮は6gだけ。何個分かわかりませんが、スーパーのビニール半分くらいの量です。

集めたタマネギの皮

最大限に抽出するため、ミルで粉末にしました。削り節みたいです。

ミルで玉ねぎの皮を粉にする

ステンレス鍋に水200mlを入れて、粉末にした玉ねぎの皮を入れて加熱します。途中、水分がなくなったのでさらに水200mlを追加しました。

玉ねぎの皮から染料抽出

ダシのようなにおいがしたので、なめてみたのですが、苦かったです。

沸騰してから20分で抽出終了。お茶パックで粉末をこします。

玉ねぎの粉末をろ過

思ったより茶色の液体になりました。

たまねぎステンシルテスト

画用紙でテストした際は、玉ねぎでも結構いい感じになりました。

画用紙に玉ねぎステンシル

なのですが、実際の牛乳パック製のハガキでテストすると、色づきが薄くなりました。

玉ねぎでステンシルしたはがき

2枚テストして、玉ねぎはやめることにしました。

この2枚は、再度文字を配置して、上からアカネで重ねて染めて使っています。

赤かぶから染料抽出

紫大根のような色あいの赤カブ。

皮をむかずに食べますが、ヘタの周りやひげが生えた部分は取り除くので、そこを集めて使いました。

赤カブの皮部分

赤くない部分も含めて42gあります。水200mlを加えて、ステンレス鍋で煮ます。

赤カブを煮て染料抽出

染液の色は赤紫で、結構色が出ています。

赤カブの染液は赤紫

下の写真は、そのままの濃度で牛乳パックの紙(ディスポン濃染処理なし)を染めて自然乾燥したものです。

赤カブ染めの牛乳パック紙

色紙としてなら使えたのですが、ステンシル文字を書くには薄すぎたため、ボツにしました。

アカネの根から染料抽出

年末も差し迫って、失敗するわけにもいかないので、アカネの根をぜいたくに使うことにしました。

染料店で購入した草木染め用のセイヨウアカネの根です。量さえケチらなければ、濃い色がつくはずです。

水400mlに入る量をめやすに、アカネの根は30g使うことにしました。

土が入ってくすまないように、40℃のお湯で15分、洗いました。

アカネの根の土を洗う

水400mlで、沸騰してから15分煮出して、1番液にしました。

アカネの根から染料抽出

水をかえてキッチンにある穀物酢2ccを加え、沸騰させてから20分。2番液としました。

写真左が1番液、右が2番液です。液の色は、どちらも茶色がかった赤色で、ほとんど変わりませんでした。

アカネの1番液と2番液

とりあえず、原理としては黄色みが減っているはずの2番液をステンシルに使うことにしました。

今回使った霧吹き

家にあるアイロン用の霧吹きに染液を入れました。下記の写真は玉ねぎの液をいれたところです。

スプレーに染液を入れる

霧吹きは、ダイヤスプレースウィング300mLです。

口部分を回すことで、霧吹きの細かさが調整できます。

100円ショップで買うスプレーよりは細かい霧が出て、ある程度は安定していますが、専用の道具ではないため、完璧ではありません。

細かい霧が出るようにしていても、スプレーする手加減によって大きい水滴が出てしまうこともあります。

その点は、スプレーする位置で調整することにしました。

染液を吹きつける

マスキングする箇所をトレーシングペーパーをあてて決めて、ロゴ文字をハガキに配置します。

切り抜いた文字のレイアウトを決める

床にビニールを置いたり、ダンボールで壁を作ってスプレーが届きそうな場所が汚れないようにします。

ハガキを中心に置いて、他の部分はすべて画用紙でカバーしました。マスキングすることで色が付かないようにします。

ハガキと床をマスキングする

何度かテストして、スプレーの位置と標的とする目標地点を決めて、それぞれ目印を付けました。

スプレーの位置

スプレーの高さは、スプレーの底が床から17cmになる位にして、目標地点は床0cmとしました。

左右ともに紙から5cm離すことで、液だれした大きい水滴が飛ばないようにしました。

位置が遠すぎると霧は細かくなりますが、薄くなります。

位置が近すぎたり、スプレーを強く押しすぎると、水滴が大きくなり、紙につく雰囲気が美しくありません。

少し液が多く飛ぶと、下の写真のようにシミっぽくなります。

染液が多い場合の文字

乾けば目立ちませんでしたが、大きい水滴にならないことが肝心です。

スプレーした直後はこんな感じです。色がつかないように気をつけながら、ピンセットで文字をとります。

染液をスプレーした直後

ロゴ文字の紙の上に染料がたまってくるので、時々ティッシュで取り除きます。

文字についた色をティッシュオフ

できあがり

できあがりは、こんな感じです。ちょっと色が淡いものの、文字が識別できるので完成としました。

草木染めのステンシル文字

スプレー直後は黄色っぽい色ですが、乾くピンク色になります。

写真の上が時間が経ったハガキ、下が染色直後のハガキです。

アカネの紙染め色の変化

液体で文字を描けるか検討したこと

はじめに検討したのは、芋版と、消しゴムハンコ。

削って液体をつけてスタンプみたいに押せば、文字がかけるのではないかと思ったのです。

ですが、液体がにじんで文字になりませんでした。読めても汚い感じになりました。

竹串に染液をつけて文字を書いてもみましたが、いまいちでした。

文字を描くテスト

やり方があるのかもしれませんが、わかりません。

液体で文字を書く、よいアイデアをご存知でしたらぜひ教えてください。

草木染めで文字ステンシルで思ったこと

  • 草木染めで文字を書くのは結構大変だった
  • 一連のハンドメイド年賀状作業で、気分は小学生気分になった
  • 草木染めの年賀状といえば型染めなので、来年は習得して型染め年賀状に挑戦したい
  • 数枚の年賀状のために、毎年オンラインで印刷注文していたので、それがダンシャリできて嬉しい

※追記:お年玉年賀状ハガキの当選番号で、「東京2020大会応援賞」は一部券種限定なので切手は対象外でした。受け取った人は、当選番号を調べる時に残念な気持ちになったかもしれません。