和紙の型染めを習う

草木染めの型染めツバキ

月1回、草木染めの型染めを習いに浅草に行っています。

今まで布を染めていたのですが、今回は、和紙の染め方を習いました。

そして、2つ以上の型紙を使って複数の色をつけていく方法にしました。それはちょっとむずかしくて、3枚やったうち、1枚は失敗でした。でも、原理がわかったので、紙染めの作品作りに活用したいです。

いつもより生徒数が多かったこともあって、ちょっとあわただしく、時間内に終わるのかドキドキしました。

※講習会の案内に「講習会中の写真撮影はご遠慮願います」とあったので、講習会中の写真は載せていません。
※どこまで講習会の内容をネット上に書いてよいのかわからないので、細かい技法は書いていません。

染めた日:2019年4月11日

和紙を染める

和紙も布も同じようなものだと考えていたのですが、和紙は使う糊が違いました。

ノリというのは、防染糊のことです。糊を紙の上に置いて乾かすと、その部分だけ色が染まらないようになります。最後に糊を落とします。

別の生徒さんに作り方を習いながら和紙用の糊を作成。でも、自宅で自分で糊を作れる気がしません。余ったノリを少しもらって帰ったものの、保存があまりきかないそう。

色をハケで刷り込み、乾かして、2枚目の型紙で糊を置いて、乾かして、ハケで色を引いて、乾かして、3枚目の型紙で糊を置いて、最後に全体を浸し染めしました。

色を置いた上に糊を重ねてから染色すると、糊を置いた部分だけ、最初の色になります。

型紙は先生の型紙。左がヤマモモ(渋木)で、右がアカネです。どちらも派手な色になりましたが、かすれていて手作り感があります。

草木染めの型染めツバキ

2枚以上の型紙を使って、染め分けていくやり方をしてみたくて、それができたので満足です。

和紙の型染めの失敗ポイント

私の失敗ポイントは、糊を重ねすぎたことと、最後によく糊をふやかすことを待てずに、糊を落とそうとこすり始めてしまったこと。せいてはことをしそんじる、という感じです。

あと、糊を落とす際にこするのに使ったハケも、硬めのものを間違って使ってしまってました。

紙はこすれたら傷むので、何の絵だかわからない、抽象画のようになってしまいました。

草木染めの型染めヤマボウシ

型紙は先生の型紙です。型紙はすてきなヤマボウシだったのに、残念。でも、とてもいい勉強になりました。同じような型紙を自分で作って、リベンジしたいです。

自分の準備不足

自分の型紙を彫って持ってきている人がいました。持ってきた型紙で紗張りを教わっていました。シャバリというのは、洋型紙にメッシュを貼りつけて、型紙を補強することです。

わたしも、教室の日までに自分の型を作って、紗張りを習いたいと思っていたのに全然できてなくて、しょぼくれました。

習った後

自宅で、簡単な型紙を彫って、牛乳パックを紙すきして作った紙を染めてみました。手作り市に出品するために、いろいろ作成中なんです。

和紙を染める方法を習いたいと思ったのは、それに活用したかったからです。活用できて、うれしいです。

布用の防染糊も、使っていないものが残っている上に、さらに今回ももらってきたので、なんとか作品作りにつなげたいです。

「草木染 型染の色」という、山崎青樹さんの本を図書館で借りました。デザインを考えたり型を彫ったりするのは時間がかかるので、自宅でやったほうがいいので、本を見ながら考えています。図案を作るのも、彫るのも、むずかしいです。

型染め教室のこと

わたしが草木染の型染めを習っているのは、東京・浅草にある染料屋さん、藍熊染料の講習会です。

型染め講座の概要は1回目に書きました→ 藍熊染料で染物体験(型染め)
2回目は色抜きをしました→ 草木染の型染めを習う:刷り込みと色抜き
3回目はグラデーションっぽく染めました→ 草木染の型染めを習っています

藍熊染料のホームページの、トップページにある「お知らせ」のところに、2019年の講習会情報へのリンクがあります。

※追記:藍熊染料のホームページの「講習会」のページにも情報がアップされています。

草木染めに特化しているので、一般的な型染めとはちょっと違うと思われます。普通の型染めは、もっと派手な感じがするし、手法もたぶん違うと思います。

紺屋めぐりで、紅型染め教室のおかめ工房を見学した話はこちら→ 紺屋めぐりツアー参加、染物工房で体験