手づくり市への出展準備中

トートバック作成中

来週末、2019年4月28日(日)に、千駄木の手創り市(&SCENE 手創り市)に初めて出展します。

あと一週間。その出店の準備に追われています。染めるものをミシンで作っています。

追われているので、ブログの更新よりも準備を優先するべきなのですが、今の気持ちは今しかかけないので、気持ちを書いておこうと思います。

自分が作ったものを売った経験

ハンドメイド専門のマルシェに出店して、自分が手作りしたものを売るのは初めてです。

手作り品を売るのもほぼ初めてです。

過去にもあるとしたら、家の中の不用品を売るフリーマーケットに出店して、その中に自分がハンドメイドしたものが1つ2つ入っていたことはあります。

あと、ネットで売ろうとして、ハンドメイド販売サイトのCreemaに1つだけ作品を載せたことがあります。アクセスがぜんぜんなく、売れませんでした。

ずっといいなと思っていて、勢いで応募

雑司が谷や千駄木の手創り市が好きで、出店してみたいとずっと思っていました。思っていたものの、ずっと何も出来ずにいました。

今までに手作り市を見た感想を5回書いています。

雑司が谷の手作り市見物
鬼子母神の手作り市でみた草木染め
養源寺アンドシーン手創り市を見物
千駄木の手作り市andsceneを見物
手創り市を見に行く

草木染めや藍染めのお店もいくつか出ていて、みんなすばらしく素敵なもの(プロと思われるような作品)を出品しています。出展するためには審査があるからか、質が高いです。

これだけを考えると、「わたしが出店していいのかな?」という気分になります。

でも、かなり昔、知り合いが鬼子母神の手づくり市に出店したことがあって、その印象も強いんです。あまり売れていなかったけれど、身近な人が出店したので、「わたしもやればできるんじゃないか」と思いました。その知り合いは、私と同じような、平日普通にフルタイムで働く、手芸が好きなだけの人でした。

なので、ワークショップ開催と同じで、「とりあえずやってみる」方式で、わたしも応募することにしました。

アンドシーンへの応募

この系列の手創り市は、東京では、雑司が谷(鬼子母神)と千駄木(本駒込)の2つあります。

雑司が谷の方が規模は大きい感じで、月1回。千駄木のアンドシーンは、2ヶ月に1回です。

月ごとにテーマが設けられていて、4月のアンドシーンのテーマは「植物園」でした。

草木染めといえば植物から煮だした染液で布を染めたものなので、テーマに一致します。ダメモトと思って、応募することにしました。申込の郵送必着日が3月14日で、その直前ぎりぎりに投函。

応募しても審査があるので、審査に通らないと出店できません。

応募時に写真をつけるのですが、その写真も審査の対象になるため、その写真をいい感じに撮らなくてはいけなくて、それがむずかしかったです。

牛乳パックのパルプで作ったメッセージカードと、桜染めのコットンストール、びわ染めのミニトートバッグの写真を送りました。わたしにとっては、がんばって作った草木染作品です。

草木染めの牛乳パックのメッセージカード

桜染めのコットンストール

ビワ染めのミニトート

審査結果は、手創り市アンドシーンのホームページに出展者一覧が載るのですが、そこに名前が載ることでわかります。

発表があったのは、ちょうど桜染めワークショップを開催した日の翌日。

うれしい気持ちと、「準備しなくては!」というあせりがありました。

売るためというより、見てもらうため

出展の目的は、「出展してみたいから」が一番で、次に、「草木染めを知ってもらう」「自分の作品を人に見てもらう」「ワークショップの参加者募集にもつなげたい」という気持ちです。

私のレベルでは、「手作り品を売って稼ぐ」にはつながらないんじゃないかと予想しています。出展料3000円を回収できるかどうか。乞うご期待です。

アクセスがあること、集客というのは、重要なんだと思います。クリーマで売ろうとした時に思い知りました。

作品自体がものすごく素敵だったら、だれかが掘り出してくれる可能性も0じゃないけれど、それでもゼロに近い気がします。アート作品を作る人々が個展をしたり、グループ展をしたり、賞に応募したり、そういうのは、集客してまず人に自分の作品を見てもらうためですよね。

わたしは手作りが好きだけれど、手作り作家ではないし、美大だとかそっち系の人間ではないので、そういうことにはとんとうとくて、最近、それらの活動の意味に気がつきました。

お金をかけて個展やグループ展をやるのはむずかしいから、手作り市に出展する。そういう意味もあります。

あと、千駄木アンドシーンの場合は、ホームページの出展者一覧から、自分のサイトをリンクしてもらえます。そこからのこのブログへのアクセス自体は少ないですが、Google検索からのアクセスが少し増えました。はじめて外部リンクされたことで、Googleの評価があがったためだと思います。

植物園というテーマがあるブースに応募したので、その出展者紹介のブログにも載せてもらうことができました。ちょっとはずかしいです。

準備がんばります。お時間ありましたら来週、ぜひ手創り市におこしください。雨が降りませんように。

開催日:2019年4月28日(日)
開催時間:9:00~16:00、雨天中止
開催場所:養源寺というお寺。最寄り駅は本駒込駅、千駄木駅など。

※追記:千駄木の手創り市アンドシーンは2019年いっぱいで終了になるそうです。