ひなせ・五味の市で草木染め簡単体験をやります

簡単草木染め体験風景

2022年10月8日(土)、16日(日)、30日(日)、岡山県備前市日生町日生(ひなせ)にある、五味の市のフリマに出店します。

草木染め簡単体験をやります。お子様歓迎です。模様を入れて、染めます。草木染め作品の販売もします。

だいぶ秋めいてきたので、体験するにはちょうどよい気候かと思います。お気軽にお立ち寄りください。

概要説明

草木染め簡単体験(ひなせ・五味の市フリーマーケット)

  • 日時:2022年10月8日(土)、16日(日)、30日(日) 9時~14時頃
  • 場所:五味の市の駐車場
  • 住所:岡山県備前市日生町日生801−4
  • 体験内容:草木染め簡単体験。模様を入れて天然染料(玉葱の皮など。日によって染料は変動)で染めます。
  • 体験料金:ハンカチ小900円、ハンカチ大1500円、トートバッグ1800円、コットンストール2800円など
  • 体験時間:20-30分程度

※屋外なので雨天中止です(中止・決行については、当日朝7時までにこのページに記載します)

※当日受け付けてますので、お気軽にお立ち寄りください。予約したい方はご希望をお問い合わせフォームもしくはインスタグラムからお知らせください。質問があればお気軽にお寄せください。

できあがりイメージ例1:玉ねぎ染めトートバッグ

玉ねぎ染めA4トート

できあがりイメージ2:ラックカイガラムシ染めコットンストール

ラックカイガラムシ染めストール

この日除け看板が目印です

「草木染めワークショップ・つぎいろ」と書かれた日除けが目印です。五味の市(緑の屋根の建物)の正面右側です。

草木染め看板

見物歓迎です(無料)

身近な植物や意外なものから意外な色が染まる見本、作品もお持ちしてますので、立ち寄るだけでも、ぜひ見に来てください。

草木染めの染料

模様入れについて

板で布をはさんだり、ヒモで布をしばってから染めることで、簡単な模様を入れることができます。一緒にチャレンジしましょう。

模様入れ

※家でもできる模様入れ詳細はこちら→ 布に絵を描く、模様を入れる

五味の市へのアクセス

マイカーご利用の場合

◆大阪方面より

山陽自動車道下り線をご利用の上、「赤穂インター」で下り、国道250号線を西へ行くこと約20分。

◆岡山方面より

岡山市内2号バイパスより、「岡山ブルーライン」ご利用の上、「備前・日生インター」で 下り、国道を東へ行くこと約7分。

JRご利用の場合

◆大阪方面より

姫路駅または播州赤穂駅で「赤穂線」に乗り換え、「日生駅」で下車。(姫路より約1時間・赤穂より約30分)

日生駅より西方面国道沿いに徒歩約10分で「日生町漁協・五味の市」到着です。

◆岡山方面より

岡山駅から「赤穂線」に乗り換え、「日生駅」で下車。(約1時間)

日生駅より西方面・国道沿いに徒歩約10分で「日生町漁協・五味の市」到着です。

日生町漁業協同組合の公式サイト

あと、小豆島から日生駅までフェリーで1時間です。瀬戸内国際芸術祭の秋開催のついでにぜひお立ち寄りください。

近くの立ち寄りポイント

五味の市(本体)

お魚やお惣菜、野菜や果物などが売っている市場です。冬は牡蠣がとても有名で賑わいます。私は自分で魚がさばけないので、小魚を買った時に処理してもらって、お家でフライにして食べたりしました。

真魚市

毎週日曜日は、車で10分、伊里漁業協同組合で真魚市が開催されています。鮮魚、特産品・青果・雑貨が並びます。

http://manaichi.jp/

五味の市から真魚市までの間に、マルナカ併設の「備前海の駅」もあります。

みなとの見える丘公園

車で6分。坂を登った高台にある公園。眺めが良いです。手前が日生諸島、遠くに見える大きい島が小豆島。

日生みなとの見える丘公園

公園までの坂道は細い場所があります。対向車注意。がんばれば、同じ道を徒歩でも登れます。(よくわからないけれど、五味の市近くの公園から階段があるそうなのですが、わたしには見つけられず)

パン屋さん

日生のカメイベーカリーは油パンとかエクレアとかが有名で、予約しないと買えないこともあります。町のパン屋さん!という感じで、ソウルフードなのだとか。(日曜日・祝日はお休み)

あと、備前♡日生大橋を車で渡って、鹿久居島をこえた先の頭島に、マルベリーというベーグル屋さんがあって、おいしいです。

あと、車で25分北に向かった吉永町に「てとて パン工房&カフェ」というパン屋さんがあって、我が家で人気です。

その他

こじゃれたカフェとか、海鮮料理屋さんとか、カキオコ以外にもいろいろあります。ピザ屋さんやわらび餅屋さんが最近できて、あと、ガソリンスタンドが結構安いかも。

参考:2022年6月25日(土)、26日(日)開催報告

初夏の6月、雨は大丈夫で、無事に開催できました。テントはこんな感じ。

草木染め体験ブース

インスタグラムを見て来てくれた人と、エコバッグを板締め絞りで染めました。入れたい図柄をどうすれば入るのか考えて作業するのが楽しいです。

玉ねぎ染めの板締め絞り

立ち寄った人に草木染めの説明をしたり、藍の生葉染めワークショップの宣伝をしたり、立ち寄った人の手芸作品のお話を聞いたりしました。

ちょっと時間があったので、今までワークショップで染めた植物の色見本(サラシ)を日除け布の裏にディスプレイしてみました。非売品です。

草木染めディスプレイ

熱中症予防に、蘇芳染めコットンガーゼストールに保冷剤を忍ばせて首を冷やしました。

ストールに保冷剤

土曜日はお隣のスイカ屋さんが大人気で、私も買おうかと考えているうちに売切れててびっくりしました。

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。