2022年7月11日(月)藍の生葉染め体験ワークショップ開催報告(岡山)

藍の生葉染め体験作品

今年初の藍の生葉染めワークショップを開催しました。シルクを素敵な水色に染めました。場所は岡山市北区中牧の民家です。

今回の参加者は、リピーター1名と初参加2名。畑活動など興味が似ている人が集まって、にぎやかでした。

前回の反省や要望もあったので、エアコンのついた室内で作業。染物に集中できました。葉っぱをミキサーしただけで染まるおもしろさや色の変化、染めるコツを味わってもらえたと思います。

※8月は藍の生葉染めとたたき染めをします→2022年8月子どもも大人も、藍の生葉染め・たたき染めワークショップ参加者募集

畑の藍

去年は民家の近くの牧山クラインガルテンで藍を育てたのですが、今年は引越しをしたので、引越し先の近所の畑で育てています。

※栽培日記はこちら→ 藍の栽培。地植えに挑戦2022

岡山市街地や中牧までは車で1時間ちょっと。当日の朝、行きがけに藍を茎ごと採取。水を入れたバケツにさして、車で運搬。車の冷房温度をいつもより下げました。

藍畑で採取

7月は一番刈りです。藍は刈るとまた脇芽が生えて育つので、ひと夏に2~3回採取できますが、1回目の一番刈りが特に色がよいと言われています。虫食い部分も多いので、虫は畑で振り払って、現地の庭で水洗いしました。

藍の生葉染めのワークショップをするのは、今年で3年目。1年目は東京都内で、藍の入手と保管が大変だったので、岡山に来て、自分で育てて気軽に使える環境になったことがありがたいです。

生葉染め体験風景

普段の草木染めとは全然やり方が違うので、はじめに流れを説明してから始めました。

染める布はシルク。模様入れをしているところ。濡らした状態にしてから染めます。

布の模様入れ作業

※模様入れはこちら参照→ 布に絵を描く、模様を入れる

使うのは葉っぱだけなので、茎から葉っぱを取っているところ。

葉っぱの採取

残った茎は、水や土にさすと挿し木みたいに育つので、参加した方が持ち帰りました。

みんなで協力してミキサー。とれたジュースで染めます。

藍生葉染めミキサー

カスを絞るのに、去年までは不織布でしたが、今年は洗濯ネットにしました。エコと節約。使い回すので、削りカスが入らないように気をつけます。とれた液色は透き通った緑色。

洗濯ネット

染めているところ。色がだんだん変化していきます。

ストールを干しているところ。濡れた状態だと色が濃いです。

藍の生葉染めストール濡れた状態

できあがり。素敵な空色に染まりました。右2つは、ほぼ乾いた状態です。

藍の生葉染め体験作品

煮出す作業がない分、時間に余裕があると思っていたら、終了時間ギリギリになりました。畑活動とかコンポストの話をもっと聞けばよかったです。

家でも生葉染めをしたい希望者には、茎付きの生葉の販売もしました。うまく染まりますように。

※藍の生葉染めのやり方はこちら→ 藍の生葉染めのやり方

あと、平日の月曜日に開催したのは初めてでした。

次回のワークショップ

7月17日(日)に同じ内容をします。

8月も藍の生葉染めをします。親子向けの会もしたいし、葉っぱの形を染める、たたき染めの会もしたいです。他にもしたいこともあって悩み中です。決まり次第、ブログで募集をします。

第7波のこともあるので、熱中症対策と感染対策を両立すべく場所を検討中です。

マルシェなど屋外でのかんたん草木染め体験は、夏の暑い期間はお休みして、秋に再開できればと思います。

持ち帰って染めた色

参加した方にお写真を送ってもらいました。

持ち帰った藍の生葉で染めた、シルクシフォンストールと木綿のストール。木綿はうすーい緑色、けっこうキレイな色とのことです。

藍の生葉染めストール

ワークショップで染めた残液を持ち帰って染めたもの。ワークショップでまだら染めしたシルク。濃い部分が薄れて、白い部分が薄く染まった、とのことです。

藍の生葉染めシルク

これも残液で染めたもの。玉ねぎ染めへの重ね染めには薄く色が入り、無染色のシルクは、涼しげな薄い緑に染まった、とのことです。

生葉染めシルク

ご協力ありがとうございます。

※ワークショップ全体についてはこちら→ 草木染めワークショップについて

※草木染めについて知りたい人はこちら→ 草木染めの目次

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。