藍の赤紫染めを習う

藍の赤紫染め

藍の生葉で、赤紫色を染める方法を習ってきました。藍熊染料の講習会(草木染の試験布研究会)です。参加して藍の赤紫染めをした感想を書きます。

上の写真は、おまけで染めてもらったシルクのスカーフです。こんなにきれいな色に染まるとは想像してなくて、藍という植物について、改めてすごいと思いました。ベランダで育てている藍で、復習がてら早く染めてみたいです。

※講習会中の写真は載せていません。
※参加した感想を書いています。やり方は書いていません。

染めた日:2019年8月23日

この講習会のこと

ちょこちょこ染物体験したり、セミナーや講習会に出て草木染めを習うようになってから、半年以上が経ちました。

この「草木染 試験布研究会」の場合は、染料ごとの染め方がわかって、それを習ううちに草木染めの基本的なやり方がわかる感じです。いろいろな方が習いに来ているので、他の方が何に草木染めを活用しているのかも垣間見えて、興味深いです。

講座の概要については、以前に書いたのでそちらをお読みください→ 藍熊染料のヤシャブシ染め研究会

その中でも今回のテーマ、藍の赤紫染めはよかったです。藍の生葉が手に入る人にはオススメの講習だと思います。参加者も多かったから、人気テーマだったのかなと思います。

その分情報が盛りだくさんで、頭がパンクしそうでした。すぐに復習しないと、私は忘れそうです。

紫に染まる草木染めのこと

紫を染めたいと思って始めた草木染めでしたが、習ううちに、紫色というのは色落ちに弱く、そういう面で難しさを感じていました。

いいなぁと思う染料があって調べると、通常の草木染めよりも堅牢度が低い(色落ちしやすい)場合が多いです。ほかの染料と重ね染めしたり、何度も染め重ねたり、色落ちしにくくする工夫が求められそうです。

藍の赤紫はどうなのか?は、今回習ってきて、可能性を感じました。そんなに原料はないけれど、たくさん染めてみたくなりました。

今は、ベランダではじめて藍を育ててみて、はじめて生葉染めに挑戦した段階。でも、来年は市民農園とか、耕作放棄地を借りて藍をたくさん育ててみたくなりました。みんなが藍を重視する気持ちが少しわかった気がします。

「藍が染められれば、ほかの植物を重ねていろいろな色が染まる」という話は聞いていたけれど、重ねなくても、藍だけでもいろいろな色が染まるのかも。それはとてもよさそうです。(原料さえあれば)

藍で赤紫に染める方法

講習会の話とは変わりますが、藍で赤紫に染める方法自体は、ネット上でも見かけていました。

「藍の生葉による紫染め」という大学の研究室のサイトに詳しい方法が書いてありました。このサイトを引用する場合は、下記の文献を明示する必要があります。

  • 牛田智 「生葉染色の化学的な観察とその実際方法-藍の生葉染めによる絹の紫染め」、染織αNo225、p64-67 (1999)
  • 牛田智、谷上由香 「藍の生葉染めにおける絹の赤紫染色の条件」、日本家政学会誌、49巻、9号、p1033-1036 (1998)

やってみようと思いつつ、何もしていませんでした。

今回習ってきた方法とは少しやり方が違います。習ってきたやり方をやってみて、原料の藍が余っていたら、この方法もやってみたいです。自分の力でできるかな?チャレンジはしてみたいです。

藍の生葉染めのこと

赤紫よりも、水色に染める普通の生葉染め自体を習うべきなのでは?という気もしていたのですが、水色を染める普通の生葉染めのことも、勉強になりました。

藍の色素の原理もなんとなくわかって、参加してよかったと思います。

生葉を取って残った藍のクキを2本もらってきて、ベランダの土に差してみました。差しておけば根が生えて、上手くいけば種を取れるそうです。うまくいくかな?

もらってきた藍の茎

グラデーションに染めたスカーフ

他の方にグラデーションに染めてもらったスカーフ。きれいな色です。今回のようなグラデーションなら、自分でも上手くできそうな気がしました。

藍の赤紫染めスカーフ

藍熊染料で買ったもの

講習会に出た日は、買ったものが少し割引になります。シルクの格子柄メッシュストール、濃染剤、蘇芳(すおう)と五倍子(ごばいし)の乾燥染料を買いました。

藍熊染料で買ったもの

スオウは持っていた染料(アナンダで植物染め体験した残り)とは形が少し違うので、どんな色に染まるのか試してみようと思います。


草木染め体験ができる場所、習える場所を探している人の参考になるかと思い、ブログに書いています。

不明点やアドバイス、何か気になる点などありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムからお知らせください。