藍の栽培。地植えに挑戦2024

藍畑2024

藍の生葉染めをしたり、発酵建ての藍染をするために、タデアイを育てています。

初めてベランダで育ててから2024年で6年目です。岡山に移住して、畑で育てるようになってから4年目。

去年まではまっとうな畑を借りていたのですが、今年は「ここで育ててみよう」と自分で決めた場所なので、いろいろあります。瀬戸内海が見える、鹿さんも住む山のそばです。

2024年のタデ藍の地植え栽培の記録ページです。随時更新します。

畑の土作り

新規の畑。草ぼうぼう、木も生えてたところを開墾した場所です。

3月下旬になってスコップで掘り起こし、ツルニチニチソウと笹が多いので根っこから取り除き、生ゴミ堆肥と残っていた鶏ふんを入れました。

土を耕す

耕し方はざっくり。天地を返す程度にしました。

落ち葉や枯れ枝を上に乗せました。白い菌糸があると栄養が作られるらしいです。菌ちゃん農法を参考にしました。でも菌ちゃん農法の場合、マルチでおおうので、違うといえば違います。

落ち葉をひく
落ち葉近景

米ぬか(精米機からもらってきたもの)もふりかけました。イノシシが来たら嫌なので少しだけ。

米ぬか

さらに、去年育てた藍の、残った茎も置きました。草マルチに使いたいと思って、前の畑から運んできたもの。

下の写真は、藍の茎をポイッと置いていた保管場所ですが、茎の下の地面から藍が発芽してました。黒っぽく見えるのが藍の茎です。この茎もあるだけ落ち葉と一緒に上に置きました。

去年の藍の乾燥茎

去年は不耕起っぽく、ほぼ無肥料で育てて小さく、それはそれで量でカバーしてよかったのですが、今年は面積も狭いので甘やかして育てる作戦です。

※去年の様子はこちら→ 藍の栽培。地植えに挑戦2023

藍の種まきと苗作り

春のお彼岸過ぎ、3月25日と3月31日に種まき。ポットに数粒ずつと、苗床に筋まきの2種類。

ポットが発芽したところ。10日程度で発芽が確認できました。肥料なしの種まき土を使いました。

藍の発芽

ポットの種まきから1ヶ月後。毎日水やりしたのに、育ちが悪くて、とても小さいです。土の栄養不足と日光不足かと思います。

藍の本葉

畑の苗床は大木のそば。3列すじまきして、藍の茎で草マルチしました。

苗床の茎草マルチ

苗床の種まきから1ヶ月後。放置しただけで育ってました。エゴマが元々多くて、一緒に生えています。

藍の苗床

葉っぱの形が丸い、丸葉タイプのタデアイです。

藍の定植

春の土用明け、5月上旬に植え付け。いつもゴールデンウイークを植え付け時期にしているのですが、土用期間は土いじりNGと知ったので、その法則に従うことにしました。

苗の大きさが苗床(写真左側)とポット(写真右側)でかなり違いました。

苗床の苗とポット苗

それよりも、耕した畑に藍が勝手に育っていました。茎を置いたので、そのこぼれ種で発芽したのだと思います。

こぼれ種から育った藍

元気そう。密集しているので、株間をとって移植することにしました。どの株を残してどの株を移動するか考えならが作業すると時間がかかります。一日で終わりませんでした。

こぼれ種から育った藍

少しずつとって、別の位置に移動。長靴で根元をぎゅっと踏んでます。

藍の定植

この日は日差しが強くて、ヘタってる株もありました。何日か経てばシャキッとします。

藍の定植後

せっかく育てたので、ポットの苗も小さいまま一部に植え付けしました。

今年の株間&条間は45cm。去年は30cmでせますぎたので少し広げました。落ちてた枝を目安に使いました。

枝と株間

周りの雑草はエゴマです。雑草はじゃまになりそうな部分だけ刈って、植え付け。

定植、移植が終わった畑。大木の向こう側。なんとなく等間隔に見える黄緑色が藍です。こぼれ種の苗が中心で右端の一部がポット苗。

定植、移植が終わった畑。大木の手前側。枯れ枝の隙間に見える黄緑色が藍です。こぼれ種の苗と、苗床の苗。

藍の成長

移植して3日後くらい。倒れていた苗もピンッとします。

植え付け2週間後。とても小さかったポット苗は、まだまだ小さいです。

ポット苗2週間後

同じ日のこぼれ種エリア。比較的日当たりがよい場所で、育っています。

5月下旬、こぼれ種エリアを土寄せ。枯れ枝がじゃまです。

土寄せ

初めての水やり。クモ?ハダニ?蜘蛛の巣が葉っぱに多いので、水やりすることにしました。今年は水道から水やりできるのがうれしいです。去年は水路からバケツで水を汲んで運んでジョウロで水やり方式でした。

水やり

その数日後に大雨が降って、古家側の表土が地滑りしていました。びっくり。畑面積が減少しました。でも、古家的には、日当たりがよくなったかも。

地すべり

畑にするために笹の根っこを取り除いたのがよくなかったのかも。石垣もない場所だったので。

気を取り直して、ぼかし肥を追肥して、土寄せ。枯れ葉が多い場所は追肥をせずに、様子を見ることにしました。

6月初旬のポット苗。移植から1ヶ月弱。少し育ってきました。日当たりの悪さの影響もあるかと思います。

6月初旬のポット苗

6月上旬。雑草が混じっています。何だろう?草刈りしすぎると土の表面が乾くので、じゃまになりそうな草だけ草刈り。

よく見るとイヌタデらしきもの発見。前の畑にはほとんどなかったのですが、ここには多そう。種の交雑が怖いので、根から抜いて残渣を畑の外へ。この除草だけはしっかりやろう、と思いました。

大きい木があるので、日陰になる場所があります。

日向と日陰の藍

育ち具合は、日の当たり具合で違うようです。光合成で育つのだと実感。去年までのまっとうな畑には日陰が皆無だったので、そんなこと考えたことなかったです。

日当たりを改善すべく、大木の葉っぱを高枝切りバサミで切れるところは切ったものの、ほとんどは高きすぎて届かず。

大木の手前、日かげエリア。

日陰エリア

大木の向こう側、日なたのこぼれ種エリア。

藍畑2024

6月22日、梅雨入り。同じタイミングで育ちがよい株に小さい花穂を発見。雨が続いて一番刈りに入れないので花穂の出た茎だけ収穫。

藍の花穂出かけ

6月下旬、日なたのこぼれ種エリアがかなり育ってきて、刈り取る時期に来ている感じ。育ちが早すぎる。

一番刈り前の藍畑

見下ろしたところ。雨上がりでジメッとしていて、藍は元気。太ももぐらいの高さに育った。

藍と脚

今年は土に栄養もあって、雨も多くて、去年よりも全然育っている。

梅雨だけれど、しかたがないので雨ではない日をねらって1番刈り強行。カマで下の方から刈り取って、ガラ袋で運搬。乾燥葉にします。

ガラ袋に入れた刈り取った藍

曇りの日に刈り取ったものはその日に乾ききらず、室内で数日乾かした後、結局晴れた日にやっと乾燥できました。

晴れた日に干しているところ。古家の残留物の銀色シートが優秀でした。

7月中旬。梅雨で曇りや雨の日が多くて一番刈りが進まないまま、二番刈り部分もすくすく育ち中。写真の奥が一番刈りまだ部分で、手前の大半が一番刈り済み部分。

7月中旬の藍畑

人間の都合を置いて考えれば、よい育ち具合なのだけれど、いろいろあります。

随時このページを更新していきます。

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。