藍の種取りの後、残った葉と茎で染める

藍の葉と茎の残りで染めた布

藍の種を取った後の、枯れた葉っぱと茎。捨てる前に染めてみることにしました。

濃染剤を使って、鉄媒染で紫っぽい好きな色に染まって嬉しいです。堅牢度はわかりません。

染め方はよくわからないのですが、やってみたことを書きます。

藍の残り染めで染まった色

いろんな色に染まりました。

藍の残り染めの色

シルク。左から1番液アルミ、2番液アルミ、3番液石灰。染めるタイミングや抽出のやり方で色が違いました。

シルクの色

いいと思った色は、1番液をすぐ染めたアルミ媒染のシルク(黄緑色)、3番液の濃染剤木綿の鉄媒染(灰紫色)と石灰媒染(ピンク)でした。

いいと思った色

シルクよりも濃染した木綿で赤みが出やすい感じ、伝わりますでしょうか。

シルクと濃染剤木綿の色差

葉付き茎の状態

種を取るために、11月下旬から少しずつ刈って、最後は1月下旬となりました。ベランダに放置していたものも、最後に刈ったものも、枯れ葉も、まぜこぜです。茎が赤くなったものが多かったです。

藍の残った茎と葉

煮出してテスト

一番液

水から煮出し。いい匂いがしました。藍の茎と葉216g、水10リットル。

一番液の抽出

一番液は、赤茶色の染液。

藍残り染め一番液の色

なんだか染まりにくい感じがしたので、ソーダ灰を少しだけ入れて染めました。すぐに染めた時のシルクのミョウバン媒染、黄緑色がきれいでした。

二番液

「天然染料と出会いましょう」という本に、インド藍の乾燥葉での赤紫染めの方法が書かれていて、藍の種類も材料の部位も違うんですけど、似た感じにならないかと思って、失敗。

※草木染関連の書籍についてはこちら→ 草木染めのやり方がわかる本

というわけで、二番液は、水10リットル、ソーダ灰20gとハイドロ20gを入れて煮込みました。

煮ているところ。茎の赤い色は消えています。

二番液の抽出

※赤紫染めの話はこちら→ 藍の赤紫染めのこと

シルクを染めて、淡い青磁色に染まりました。

三番液

藍の茎染めで、紫っぽい色をインスタグラムで見かけました。それが重曹抽出だったので、三番液はアルカリで煮込むことにしました。

水5リットルに、ソーダ灰8gを入れて煮出し。ペーハー試験紙で見ると、pH11。思ったよりアルカリ度合いが強かったので、クエン酸でpH7くらいに中和しました。

液自体は赤みがないわけではないけれど、茶色が強い雰囲気。シルクが小豆色の薄い色に染まりました。

3番液の染液
3番液で染めたシルク

3番液を取った後の、こした茎と葉から赤みが出ていました。葉と茎のどちらか分からないのですが、白くなってたはずの茎に赤みが出ているように感じました。

煮残った葉と茎と赤い液

煮残りを絞ってとれたエキスは赤かったです。

エキスの赤み

この現象は、重曹を入れて煮出した時、ドクダミ染めでもありました。この色だけを取る方法を知りたいです。

※ドクダミ染めの話はこちら→ どくだみ染めテスト

4番液も抽出して、同じシルクをさらに染めたものの、さほど色は変わりませんでした。

3番液がまだ使えそうな雰囲気だったので、翌日持ち越し。(日数を置くと赤みが強くなることもあるので)

翌日に温め直して染める

温め直すと、液の赤みが強まった感じ。茶色だけれども赤みが入った液色。同じシルクを重ね染めしました。

3番液翌日の液

昨日のシルクと比べると、赤みが強まっている感じがします。

別途、アルミ媒染、鉄媒染、石灰媒染での違いをテスト。五倍子下地は鉄だと、五倍子の影響が強くて濃紺。

媒染と下地での色の違い

乾いたら同じ色だったのですが、濡れた状態では石灰水のほうが色濃い感じがしたので、シルクは石灰媒染にしました。

そして、濃染剤の鉄媒染の色が紫っぽくて一番好きだったので、これを染めてみることにしました。

9号帆布を染める

染色用の真っ白な9号帆布を染めることにしました。92センチ幅1メートルの生地を3つにカット。堅牢度がよくわからないので、洗濯しないもの。A4サイズのトートバッグにする予定です。

帆布生地

事前に熱いお湯を通したほうがよい生地なので、ディスポンで高温で濃染しました。

ディスポン

※濃染剤の話はこちら→ 濃染剤カラーアップZBとディスポンについて

衣装ケースを器にして染めています。液量が足りてませんが、よく動かして染色。5番液や6番液も煮出しましたが、液色がいまいちだったので使いませんでした。

鮮やかなピンクになりました。

1回目の染色の帆布

大物の水洗いは台所のシンクに水をためてしています。

シンクで水洗い

鉄媒染すると、だんだん紫になっていきます。

鉄媒染

最後、染液に戻したら5分ぐらいで液が黒くなってきたので、染色終了。

好きな色に染まりました。乾かす前。

自然乾燥後。ブルーベースの藤色。灰色ではないです。茜で鉄媒染した色、薄めの五倍子染めの色に似ています。こういう色が好きです。

乾燥後の帆布の色

もう一回新しく染液を作って重ね染めしようかと思ったものの、色が気に入ったので、そのまま使おうと思います。

染めた布をバッグに縫製

自分用の帆布トートバッグになりました。使い倒して色変化を観察します。

草木染め帆布トートバッグ

ちなみに内側のバイアス布には、五倍子染めの綿ローンをあわせました。

トートバッグの内ポケット

藍の残り染めで思ったこと

  • テストで染めるよりも、自分のために染めると楽しい。きちんとバッグにしたい。(形になっていない布在庫が多い)→バッグになりました!
  • 灰色だと思い込んでて今まで興味がなかった。ヒントをくださった方々、ありがたい。
  • アルカリで赤みを出して、鉄媒染で紫っぽくするのを、もっとやろうと思う。
  • 赤みの雰囲気は、そら豆染めに似ている。もっと濃い液が作れたら濃染剤無しで染まるかもしれない?

※そら豆染めの話はこちら→ 野菜で布を染める自由研究:そら豆染め

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。