派遣会社からの離職票の離職区分は2Aでした

離職区分2A

派遣会社から離職票が届きました。

離職票に書かれた離職理由の離職区分は、2Aでした。

コード2Aは、「会社都合による雇い止めで雇用期間が3年以上」という離職理由のコードです。

失業保険をもらう際に3ヶ月の給付制限はありません。

どうしたら給付制限のない離職理由が選ばれるのか、そこが知りたい点だと思うので、私自身の状況をお伝えしたいと思います。

今回は改正派遣法による期間制限(同じ派遣先で3年以上は働けないという決まり)による終了です。

私の派遣契約内容

ざっくりいうと、普通の派遣社員です。

派遣会社に登録しに行き、ネットで仕事検索してエントリーして、社内選考に通れば派遣先に顔合わせ(という名の面接)に行き、問題なければ派遣される、普通の登録型の派遣社員です。

請負とか、業務委託とか、直接派遣会社に雇用されるタイプの派遣社員などではありません。紹介予定派遣でもありません。

初回契約は短めですが、2回目からは3ヶ月ごとに更新があって、そのたびに派遣会社の人から更新の意思確認があり、更新してきました。

契約内容が書かれた紙(リクルートスタッフィングではジョブカードという名称)の契約期間の欄には、対象となる3ヶ月の期間と、その後ろに「雇用契約期間の定めあり」とカッコ書きがあります。

事業所抵触日と組織単位抵触日の記載もあります。自分の抵触日は組織単位抵触日のほうです。

この組織単位抵触日の前日までが最後の契約期間でした。

ジョブカードの裏面(共通の内容が書かれた部分)の「再契約の有無等」には、原則として表記の契約期間を持って契約期間満了とする、ただし双方が合意した場合は再度雇用契約を締結する場合がある、というような記載があります。

長期の案件に応募してこの扱いはひどい気がしますが、登録型派遣というのはそういうものです。

派遣会社が違っても、だいたいそんな感じの契約が多いのではないでしょうか。

私と派遣会社とのやりとり

今年になってから、派遣会社の人が更新確認に職場にくる時、次の仕事の希望を聞かれるようになりました。

派遣先の社員になりたいか、希望もきかれました。

社員になる気はまったく無かったので、希望は無いといつも答えました。

最後の更新の少し前に、期間制限とはどういうものなのか、それに際して派遣会社がおこなう雇用安定措置とはどのようなものなのか、派遣会社から案内が届きました。

最後の更新のタイミングで、派遣会社の人が雇用安定措置について、細かく説明してくれました。

わたしの場合、中途半端な日付からの就業だったので、抵触日ぎりぎりまで契約するか、その前月末までの契約にするか悩みました。

抵触日ぎりぎりまでの場合、雇用安定措置の対象になって、優先的に仕事を紹介してもらえるということだったので、抵触日前日までの日付で契約を更新しました。

契約終了日の1ヶ月前になり、派遣会社から仕事紹介の電話がかかってきました。

雇用安定措置対象の仕事紹介です。それは自分の希望にあわなかったので断りました。(見送りました)

見送ってしまうと雇用安定措置の対象でなくなるがよいか、という確認がありましたが断りました。

※この詳細はこちらの記事をご覧ください→ 雇用安定措置のこと

念のため「引き続きお仕事は紹介して欲しいと思っている」ことを伝えましたが、以降、お仕事紹介の電話はパタリとやみました。

契約終了日の2週間前になり、メールで終了にともなう手続きの案内が届きました。

その案内に従い、マイページから離職票を希望する、現在の契約の更新を希望していた、と回答。

※この詳細はこちらの記事をお読みください→ 派遣の終了日の2週間前の派遣会社からの確認事項

そうすると、すぐに社会保険・雇用保険喪失のお知らせが郵送で届きました。

月前半の終了の場合、月末ごろに離職票が届くと書いてありました。(月後半の場合は翌月20日ころまでと書いてありました)

月末が近づいて、離職票が届きました。

離職票の離職理由の詳細

離職理由は、「3労働契約期間満了等によるもの」の、「(2)労働契約期間満了による離職」で、「[2]労働者派遣事業に雇用される派遣労働者のうち常用雇用される労働者以外の者」です。

細かい記載は下記のとおりでした。

  • 1回の契約期間3箇月、通算契約期間36箇月、契約更新回数14回
  • 契約を更新又は延長することの確約・合意は無
  • 更新または延長しない旨の明示は無
  • 労働者から契約の更新又は延長を希望する旨の申出があった
  • 事業主が適用基準に該当する派遣就業の指示を行わなかったことによる場合(指示した派遣就業が取りやめになったことによる場合を含む)

具体的事情記載欄(事業者用)には、「事業主が次の派遣就業を指示しなかった為。更新・延長しない旨の明示は締結時は無。」と書かれていました。

予想2Cは、はずれました

わたしが予想していた離職理由コードは2C(会社都合による雇い止めで雇用期間が3年未満(契約更新の明示はないが本人は契約更新を希望))だったので、予想ははずれました。

今まで3回ほど派遣で離職票をもらったことがあり、いつもコードが2Cだったので、今回もそれかと思ったのですが、ちがっていました。ちなみに2Cの場合も、特定理由離職者となり給付制限はありません。

今回は改正派遣法による期間制限(同じ派遣先で3年以上は働けないという決まり)による終了です。

通算契約期間が36ヶ月だから、「3年以上」なんですよね。そこを勘違いしていました。

「3年以上働けない」とよく言うので、”3年以上”にはならないのかと思っていました。

以上という言葉の意味は、たしかに「>3年」ではなく「≧3年」なので、抵触日の前日まで働けば丸3年でした。

ハローワークできいてみた

離職票が届いたので、ハローワークに手続きに行ってきました。

手続きのついでに、期間制限で3年満了すれば2Aになるのか聞いてみました。

断固拒否すれば違うし、必ずしもそうではないそうです。

ハロワの手続きでは、求人の申し込みもします。それには求職申込書が必要です。

求職申込書の用紙は、ハローワークの目立つところに用紙が置かれています。でも、記入するのに時間がかかるので、あらかじめ用紙を手に入れて書いておくことをおすすめします。(親切な会社は離職票と一緒に送ってくれますが、今回は入っていませんでした)

あと、就職準備講習会の時に求人票が必要ということなので、パソコン検索して、印刷をして帰りました。

参考になるように私自身の体験をそのまま書いてみましたが、ケースバイケースですので、雇用保険や離職票については、お近くのハローワークや派遣会社に直接お問い合わせください。

記載におかしな点がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡いただけると助かります。