紫根染め・ウール薄手マフラーでも臭いで失敗

紫根染めウールマフラー

初めてウールの草木染めをしました。染色用の薄手マフラーを紫根(ムラサキという植物の根っこ)で染めました。銅媒染です。

染色原液は、綿フレンチスリーブの紫根染めでアルコール抽出した残りを使用しました。

ウールは温度を上げる必要があるので、熱で色素が飛んでしまう紫根は不向きでしたが、時期的にウールのマフラーが染めたかったので、ついつい強行実施。

結局、地味な赤茶色、小豆色になりました。それはそれで使いやすい色になったものの、フレンチスリーブと同様、においがくさすぎて失敗。

数回使ってみたものの、マフラーは顔に近い箇所にある分、においが気になって使うのをやめました。

数回、洗濯洗剤で洗っても、ニオイはとれませんでした。その後、放置すること1年。においがとれていました。何故なのかはわかりません。

この紫根のにおい問題、いつか解決したいです。

作業は自由度の高い染色教室で行いました。

染めた日:2017年11月27日

紫根染めの材料

  • ウール薄手のマフラー 75g(SEIWAで購入。染色用)
  • 紫根アルコール液(あまり)
  • 銅媒染剤(SEIWAで購入)10cc ・・・入れすぎた
  • 酒石酸カリナトリウム(SEIWAで購入。媒染剤の沈殿防止用。ウールの先媒染に使う)小さじ2くらい

ウール紫根染めの手順

  1. 事前の準備:紫根染料を無水アルコールに入れて抽出(時間がなかったため4時間)
    綿フレンチスリーブの紫根染めと同じもの
  2. 酒石酸カリナトリウムを熱湯で溶かす。
  3. 先媒染:大きいタライいっぱいに湯を沸かして、2を入れて、銅媒染(10cc。10分)
  4. 水洗い
  5. 薄めた染液を80度以上にして、煮染め 30分
    綿フレンチスリーブの紫根染めの残液を使用
  6. 水洗い
  7. 脱水して乾燥

ウール紫根染めの写真と説明

※作業を染色教室で行ったので、写真を撮り忘れてしまいました。

染色用の精錬済マフラーなので、下処理はいりませんでした。

ウールの場合、媒染の金属が沈殿するということで、媒染液には酒石酸カリナトリウムを入れて防ぎました。

大きなステンレスのタライに、40℃くらいでお湯を沸かす。酒石酸カリナトリウムを熱湯で溶かした液と、銅媒染剤10ccを入れて、かきまぜます。マフラーを入れて10分なじませます。

お湯の色がブルーになってしまったので、銅媒染剤を入れすぎたようです。

水洗いしてから、染液で煮ぞめします。

大きいタライで、80度以上にお湯を沸かして、マフラーを入れて煮染めしました。

この時、周りの人から「変なにおいがする」って言われたのですが、私は他の人がやっていた藍染のニオイでは?と思っていました。

紫根は、70度以上になると色が飛ぶので、80度以上で染めるのはよくないのですが、強行してしまいました。

その後、よく水洗いして脱水。自宅のお風呂場で干して乾燥させました。

紫根染めウールのマフラー

ケモノくさい、変なにおいがして、はじめはウールが動物の毛なので、そのニオイなのかとも思いました。

でも、同じように染めた綿も同じようにくさくなったので、原因はシコン染料だと思います。

ウール紫根染めで思ったこと

  • ウール染めの知識が乏しすぎて、突然思いつきでやったのは、よくなかった
  • ウールの草木染めは薬品(酒石酸カリナトリウム)が必要なのか?勉強したい。
  • ウールは熱を加えないと色が入らないのか?媒染時の正しい温度は?勉強したい。
  • まだはじめたばかりなので、ウールでの染物は当面、やめておこう