藍の生葉で木綿を染める(薬品なし)

藍の生葉染めコットントートバッグ

藍の生葉染めでは、基本的に木綿や麻はほとんど染まらず、とても淡い水色に染まります。

でも、藍の生葉の「たたき染め」では、木綿や麻が染まります。布に葉っぱを叩きつけると、暗めの青緑色に染まります。

なので、布全体をたたき染めするイメージで染めることにしました。ムラにはなりますが、くすんだ青緑色はいい感じ。かわいい色です。

染まりやすいように、無漂白のエコマーク入り木綿(生成)を染めました。濃染はしていません。

染めた日:2022年8月上旬

藍の生葉で木綿を染める材料

  • 藍の生葉 168g
  • 無漂白の木綿トートバッグ(12オンスキャンバス生地) 113g
  • 塩(食卓塩)少々

※葉っぱの量が少なめなのは、手元にあった分だけ使ったから。30分以内に作業できる分量で、もっと増やしたほうがいいです。

※染まりやすいように生成を使用。たぶん、真っ白よりも生成色の木綿や麻生地が染まりやすいと思う。

藍の生葉で木綿を染める手順

  1. (前準備)バッグを洗濯して乾かす
  2. 茎ごと葉っぱを洗って水を切る
  3. 茎から葉っぱだけを取る
  4. 葉っぱに塩を入れて細かくする(フードプロセッサー使用。水なし。5分)
  5. 乾いたままのバッグに葉っぱ泥をなすりつける(25分)
  6. 時間を置く(15分)
  7. バッグを水洗い
  8. 石鹸水洗い
  9. 乾かす

藍の生葉で木綿を染める写真と説明

染料準備

茎ごと採取して、水洗い。水分は、洗った時に付いて、振り払って残った水分だけ。

藍の茎葉2番刈り

茎から葉っぱを手で取り、葉っぱだけ使います。

藍の葉

フードプロセッサーに葉っぱと食卓塩を入れて、細かくしました。塩の量は適当。フードプロセッサー1回に1つまみ、1振りぐらい。あればチョッパーのほうがやりやすいかも。

フードプロセッサーで細かく

見た目はジェノベーゼソース。ここまで5分。

Mサイズトートバッグを染める

乾いたままのバッグに、作ったディップを広げる。パンを作る時に使う、おうとつのある綿棒でコロコロ。(綿棒も水色になりました。激落ちくんスポンジなら落ちますが、デコボコなので落とすのは大変)

綿棒で伸ばす

葉のディップが綿棒に付きます。こそげ取って、白い部分へ置き直し、また綿棒でコロコロしました。

これはバッグの逆側。ディップの水分がだんだん減ってきて、やりにくくなります。バッグのサイズが大きすぎたかも。

白地が残った部分もあったものの、外側はだいたい色が付きました。バッグの内側を染める葉っぱの余裕はなし。持ち手は手でなすりつけました。

通常の生葉染めと同様、開始から30分以内で終了しました。

15分ほど放置してから、水洗い。水が緑色が出ます。何度か水を変えて水が透明になったら、石鹸水で洗いました。(写真なし)

自然乾燥して、できあがり。乾くまでは変な色かも?ムラ失敗?と思ったのですが、乾いたらかわいい感じのくすんだ青緑色。白地が残っていたり、ムラがありますが、変ではないです。

藍の生葉染めコットントートバッグ

シルクを藍の生葉染めで染めた水色と比べると暗い色ですが、これはこれでいい色、使いやすい色です。

藍の生葉染め木綿とシルクの色の違い

小さめトートバッグの場合

半分くらいの高さのミニトート(10オンスキャンバス生地)も染めました。(トートバッグ:57g、葉:92g)

手でなすりつけて染めました。染め始めは明るい緑色です。

バッグの内側や細かい部分まで、もみ込みました。だんだん暗い色になります。

小さいトートは全体、バッグの内側も染められました。色は同じような色。(全体写真を載せてないのは、たたき染めの失敗跡が残っていて恥ずかしいからです)

藍の生葉染め木綿トート

去年、濡れたサラシを染めた場合

去年は真っ白なサラシを同じように染めました。いつもの草木染めと同じように、事前に布はお湯につけて濡れた状態にしていました。

水色っぽく染まったものの、薄い色でした。

生葉染め水なしサラシ

薄いので後日重ね染めすると、暗い色にくすんでしまい、いまいちでした。

藍の生葉で木綿を染める(薬品なし)で思ったこと

  • 布を乾いた状態のまま染める、ということを去年は思いつかなかった
  • 思ったより少ない葉っぱの量でも染まる
  • 色の強さはわからないが、たたき染めが弱い感じではないので、同じような感じ?
  • もっとムラなくきれいに染めてみたい(水分入れる?)

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。