藍染。ニット生地を生葉染め

藍の生葉染めの色

藍染の季節です。ベランダで育てている藍の葉っぱが、染められる大きさ(10cmくらい)になってきたので、生葉染めに初挑戦しました。藍の生葉染めの手順と、染まった色について書きます。

藍の生葉染めのコツは、手早く30分以内に染めることと、晴れた日にすること。梅雨が明けて一気に晴天になったので、絶好の藍染日和。生葉染め、想像以上によかったです。とても気に入りました。

染めた日:2019年8月3日

藍の生葉染めの色

生葉染めの色あい

写真の左側、コットンニット生地は薄い水色、ターコイズブルーを薄めた色に染まりました。中国の陶器のような、緑がかった水色です。写真の右側、シルクのハギレはターコイズブルーに近い色。夏にぴったり。どちらも透明感がある、淡い色です。

藍の生葉染めの色

ターコイズブルーのパーソナルカラーはイエローベースらしいのですが、サマーにも近い色に思えます。微妙な色の差で判断がむずかしそう。

生葉染めのパーソナルカラー

※パーソナルカラーについてはこちら→ パーソナルカラーのこと

本やネットで見た水色と比べると、緑色が強く出ました。育てた藍の種(タデアイ)はいただきものですが、くれた方の藍染はすっきり青だったので、品種の問題ではありません。

原因はわかりませんが、ミキサーで砕いたので液の酸化が早く進んだせいかもしれないし、乾燥に時間がかかると色がくすむらしいので、手際の悪さが原因かもしれません。

もし正しい染め色というものがあるならば、正しい色ではありませんが、色がキレイで、藍の生葉で染めたということは確か。全然ありです。

市販の生地を染めたのですが、生地のミミ部分に濃い水色が現れてシマシマになりました。草木染めをしていると、時々、こんなふうに隠れていた模様が現れることがあります。

市販の布のミミの染まり具合

元の生地は真っ白でした。ポロシャツみたいなニット生地(鹿の子)です。

ポロシャツみたいなニット生地

木綿の生葉染めについて

通常の藍染めとは違って、生葉染めでは木綿生地はほとんど染まらないものです。

生葉染めの場合も、ソーダ灰とハイドロで化学建てみたいにすれば、木綿も染まります。また、オキシドールを薄めた水で酸化させれば、さらに青くなるそうです。

でも、せっかくの生葉染めなので、とりあえず薬品無しでチャレンジすることにしました。

濃染処理をした場合がどうなのかは、やらなかったのでわかりません。

藍の生葉染め方法のコツ

藍の生葉染めをするにあたって、本やネットで調べた情報です。

  • 晴れた日に行う。速やかに乾かすため。
  • 新鮮な葉っぱを使う。朝に採取する。
  • 染液ができたらすぐに染める。時間が経つと染まらなくなる。
  • 木綿は染まらないので、シルクを染める。ソーダ灰やハイドロを使えば木綿も染まる。
  • 空気中や水中の酸素で酸化すると青くなる(ミョウバン媒染などの色止めが不要)
  • オキシドールを薄めた液で酸化を促進させると青くなる
  • 風通しのよいところに干す
  • インジカンやインドキシルが水に溶けていて、生地についてインディゴになる、という原理
  • 普通の藍染め(建てるもの)と違って、生葉染めは堅牢度が低い(色落ちしやすい)

調べたものの、わからないこともありました。下記について、ご存知の方はぜひ教えてください。

  • 天日干しがいいのか、陰干しがいいのか
  • 金属の媒染もできるのか
  • 重ねるとくすみやすい?

藍の生葉染めの材料

  • コットンニット生地 236g 180cm幅×70cm・日暮里繊維街のNAGATOで購入
  • シルクのハギレ 22g
  • 刺し子糸 19g
  • 藍の生葉(葉っぱの部分のみ) 225g

※ベランダで採取できた葉っぱ全量を使用

藍の生葉染めの手順

  1. ヤシノミ洗剤で生地を洗う
  2. 生地をお湯(40℃くらい)につけておく
  3. 藍の葉っぱを茎ごと刈り取る。茎と葉っぱを分ける
  4. 葉っぱ部分だけを、水を入れてミキサーにかける。
  5. こし布で葉っぱをこす。8リットルバケツ一杯分になった(6~7L位)
  6. 生地を染め液に入れる。常温20分。時々動かす。
  7. 洗わずに、水気を切ってベランダに15分干す(酸化される。風通しのよい場所がよい)
  8. よく水洗い(酸化される)
  9. 洗濯機で脱水して、ベランダ干し

※空気で媒染されるため、媒染剤は使いません。

藍の生葉染めの写真と説明

生地の前準備

染液を作ったらすぐに染める必要があるので、事前に生地を準備万端にしておきます。

中性洗剤(ヤシノミ洗剤)で洗って、ゆすぎます。

中性洗剤で洗う

お風呂ぐらいの温度のお湯につけて置きます。

お湯に布をつけておく

藍の葉っぱを収穫

ベランダの藍の葉っぱを収穫。先のほうを15~20センチぐらい、クキごと切り取りました。刈り取ったほうが、横に育つそうです。※藍を育てた話はこちら→ 藍の種と栽培

ベランダの藍のプランター

藍の茎ごとカット

葉っぱとクキに分けます。

藍の葉と茎に分ける

葉っぱだけにしたら、小さいビニール袋1個分(225g)になりました。葉っぱだけ使います。クキも通常の草木染めに使えそうなので、冷蔵庫に保管しました。

藍の葉と茎

布の重さ(236g)を考えると、藍の葉っぱの量は少なめです。本を見ると生地の10倍量、25倍量の藍の葉で絹を染めていたりします。でも、実際に染めてみて、木綿への染まりが弱いため、残液も濃く残ったし、必要以上の量だったと思いました。

染液の作り方

ミキサーで細かくする方法にしました。水中で揉みだす方法、包丁で刻む方法、酢水を使う方法などもあります。

藍の葉をミキサーにかける

ミキサーすることで、泡立って空気が入るので、ミキサーはよくないかも、と思いました。

ミキサーに水や葉っぱを入れすぎてモーターに負荷がかかりすぎると、過熱防止機能で停止してしまうので、少しずつやって、時間がかかってしまいました。

こし布(テトロンメッシュ)で葉っぱをこしました。目が細かいので、なかなか絞りきれず、ここでも時間がかかってしまったかも。

こし布で絞る

こして残った葉っぱの搾りかす。

こした藍の葉っぱ

ダイソーの8リットルバケツ1杯分、6~7リットルぐらいの染液になりました。草くさくて、いい匂い。青汁みたいな感じです。

アイの生葉染めの染液

ミキサーをかけはじめてから染液になるまで、20分かかりました。次にやるときは、水の中で揉みだす方式でやってみようと思います。

染液に布をつける

お湯につけていた生地を絞って、染液に入れました。20分、動かしながら染めました。青汁の色です。

藍の生葉染めの染液

洗わずに干す(酸化)

20分後、取り出して、洗わずに水気を切ってベランダに15分ほど干しました。

20分後の布の色

残液にかなり色が残っていました。コットンの染着がよくないからかと思います。追加して刺し子糸やシルクも染めました。

水洗い(酸化)

屋外に干した後、しっかり、たっぷり水洗いします。水洗いすることでさらに酸化されるそうです。洗う水の色がかなり緑になりました。何度か洗って、水に緑色が出なくなってから終了にしました。

ニット生地を水洗い

タオルにくるんで洗濯機で脱水してから、夜のベランダに干しました。

水洗い後にタオルドライ

乾燥後

乾いたら、ターコイズブルーのような、薄い緑青色になりました。

藍の生葉染めのコットンとシルク

藍の生葉染めで思ったこと

  • 染液から草の匂いがして、それがとてもいい気分
  • 藍という植物がすばらしいと思った。乾燥葉とかインド藍とかインジゴの染色では思わなかった感覚。
  • 自分で育てた植物で染められたことが嬉しい。植物を育てて、それで染める、そんな生活をしてみたい。
  • 通常の藍染(建てるもの)よりも、生の葉っぱで染めるほうが自分にあっている
  • 残ったクキや搾りカスの使い道を考えたい

※不明点がありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、なんなりと聞いてください。

※この残液で緑色を染めた話はこちら→ 藍の生葉染め残液で緑色

※その後、ニット生地はTシャツになりました→ 自分好みにTシャツ型紙を補正