ブルーベリー染めワークショップ開催報告

板廊下で染色

ブルーベリー染めのワークショップを開催しました。その開催報告を書きます。

今回の参加者は、4月5月のワークショップのリピーターが4人、その知り合い1人、わたしの知り合い1人の計6名。糸紡ぎの話で盛り上がって実際にチャルカで糸紡ぎしたり、参加者が入れてくれたハーブティにほっこりしたり、興味の方向性が似ている人が集まって、同好会な雰囲気でした。

場所は、知人の紹介でお借りした昔ながらの民家。板の間廊下にビニールをひいて染物をしたり、そこから小さな中庭が見えたり、おばあちゃん家に来たような、なつかしい、ほっとする感じの場所でした。

染料は、練馬のやまはち農園さんにお願いして、廃棄予定の冷凍ブルーベリーの実をいただいたもの。おかげでブルーベリーの実で紫色を染める、というなかなかできない体験をみんなと共有できました。

染めた色としては、自宅でテストした時とは違ってけっこう紫色になり、興味深かったです。乾いた後、そして時間が経った後は色が変わると思うので、参加した方はぜひ経過報告をお願いします。

※概要はこちら→ 2019年6月9日(日)草木染めワークショップ参加者募集
※染めるものとして準備した布小物はこちら→ 2019年6月9日(日)草木染めワークショップで染める布小物

染めた日:2019年6月9日

染料のブルーベリーの実

染料は、冷凍ブルーベリーの実です。

ブルーベリーの実

紫色を染めるワークショップがやってみたくて、ブルーベリーの剪定枝をゆずってもらえないか、ブルーベリー農園に電話をかけてみました。

練馬区にある、やまはちブルーベリー農園さんにお電話したところ、「剪定は冬なので枝はないけれど、廃棄予定の冷凍した実ならありますよ」ということで、食用にはしないというお約束をした上で、その実いただくことになりました。

クーラーバック片手に成増駅から路線バスに乗り、もらってきました。

やまはちブルーベリー農園

無農薬のブルーベリー。夏になったら、ブルーベリー狩りに行きたいです。練馬区は一律料金になっているそうです。立派なハーブ園もあって、いろいろな種類のハーブがありました。マロウが素敵でした。こんなお庭があったら、染め放題だなあと思いました。

ブルーベリーの実をいっぱいもらったので、なんとか自宅の冷凍庫を整理して保管しました。(草木染めをはじめると、冷凍庫が染料でいっぱいになります)

五倍子タンニン下地にチャレンジ

ブルーベリーの実は、アントシアニン系色素で退色しやすいと言われています。

自分なりに調べて、タンニン酸の下処理がよさそうな感じでした。自宅でテストして、五倍子タンニン下地が濃く染まったので、ワークショップでも下地染めをしてみることにしました。

染料店(高田馬場の誠和)で買った五倍子(ヌルデの虫こぶ)です。ビニール袋に入れて、棒で叩いて、砕きました。濃い目に煮出します。

フシを砕く

布がつかるぐらいの水を加えて、みんなで木綿とレーヨンの下地ぞめしました。(シルクをいれるとシルクは染まらなくなります)

五倍子下地

家で豆乳処理をしてきたサラシなど、薄くベージュ色になったものもありましたが、最終的にはブルーベリー色に染まったので問題ありませんでした。

このゴバイシ処理がよかったかどうかは、月日が経たないとわかりませんが、ぬれた状態の染め上がりとしては、結構濃く紫を染めることができて、満足なできあがりでした。

植物染料そのものにこだわらないなら、精製済のタンニン酸を染料店で買うという手もあります。

今回のブルーベリー染めは、みょうばん先媒染にしたり、他にもイレギュラーな染め方になりました。基本の草木染めの方法は、こちらをご覧ください→ 草木染めで布を染める方法:綿・麻・絹

ワークショップの雰囲気

知人の紹介で使うことになった、新高円寺の民家。

参加した方の提案で、板の廊下のところにビニールをひいて、染め場所にしました。こういう雰囲気が好きです。写真は、みょうばんで先媒染しているところです。

板廊下で染色

みんなで並んで、しゃがんで作業しました。

アルミ先媒染

より濃い染液にすべく、冷凍ブルーベリーの実に水を入れて、ミキサーにかけたところ。

ブルーベリーの実をミキサーにかける

水を足して、IH2個と、卓上コンロ1個で煮出します。

ブルーベリーの実を煮込む

20分弱火で煮込みました。煮込むと赤味が減るというけれど、確かに赤味は減っているかな?

ブルーベリー染液作り

染液をこし布でこしたら、スプーンで押して最後まで液を抽出。

染液を絞っているところ

各自、布が漬かるぐらいに水で薄めて、染色作業。

ブルーベリー染色

結構、濃い色の染め液になっていました。ペーハーも3ぐらいあって酸性度合いが高かったです。

ブルーベリー染色作業

市販服の糸が染まらない、と見ているところ。こちらの染液は、食酢を少し加えてみましたが、さほど色は変わらず。

市販の服の糸の部分

ウールの毛糸は、他に比べて色が入ってない感じでした。お湯を入れましたが、熱湯を入れればよかったかも。染液を持ち帰って、家で加熱して重ね染めしてもらうことになりました。

ウールの毛糸

シルクを染めるのに、クエン酸を少し入れて赤色を出したもの。

酸を入れて赤色

水洗いした後の、インドシルクのストール。水洗いでもっと青くなるかと思いましたが、結構、紫でした。

水洗いした後のインドシルク

染液に長く漬けたかったので、染めながら休憩をとりました。畳のお部屋で、参加者が入れてくれたハーブティーを飲みつつ、お茶タイム。ほっこりしました。(今回は午前中から開始だったので、お昼タイムもあったのですが、写真を取り忘れました)

お茶タイム

糸つむぎに興味がある人が複数いたので、ひとりが家から持ってきたチャルカを実演してくれて、別の参加者が体験したり。なんだか自由な感じになりました。

チャルカ

草木染めは、ハーブにも、糸紡ぎにも、織物にも、刺し子にも、お裁縫にも、他のいろいろな手芸にも、つながっていく感じがしました。

染め上がりの色

ブルーベリーをたくさん使って染液を濃くしたからか、私の家とは水道水の成分が違うのか、水洗いしても青っぽくならず、紫色に染まりました。濡れた状態はいい感じでした。乾くと色が変わると思うので、どうなるのかが楽しみです。

ワインレッドに染まった60cm角のシルクチーフと、青紫の木綿のポケットティッシュケース。

ブルーベリー染めのシルクスーパーローンとポケットティッシュケース

紫色のインドシルクストール。

ブルーベリー染めのインドシルクストール

レーヨンのストール。アルミ媒染の色で青紫。なんだか紫根で染めたかのような色でした。もっと青くしたかったそうです。

レーヨンのストール

市販のボーダー柄のトップス。ボーダーを目立たなくしたい、という希望でした。目立たなくなったかな?

ブルーベリー染めのトップス

縫い糸はポリエステルなので、草木染めでは染まりません。

市販服の糸の色

木綿の糸と、シルクのスカーフ。

木綿糸とシルクのストール

豆乳下地してある木綿サラシ。濃い紫色に染まってました。絞り方のコツを他の参加者が教えてくれて、きれいな絞り模様になっていて、すごいです。

ブルーベリー染めのさらし

基本的には染める布は持込みで、好き好きに染めてもらいました。人それぞれな感じが好きです。

荷物の運搬

前回までは自転車で運搬していましたが、今回は電車移動。

荷物の運搬用に、使っていないキャリーカートを友達にゆずってもらいました。寸胴鍋専用バッグに用具を詰め込み、なんとか電車で運びました。今回は寸胴鍋は不要でしたが、寸胴鍋もキャリーにのせられます。

キャリーカート荷物運搬

この寸胴鍋専用バッグ、手作り市の荷物運搬にも活用できたし、重宝しています。

※寸胴鍋専用バッグの作り方はこちら→ 寸胴鍋専用バッグの作り方

今後のワークショップ

次回のワークショップは、同じ場所で7月に行う予定です。使われていない植物染料の液(クチナシブルー、ロッグウッド、ラックダイなど)を使っていいことになり、有効活用すべく、テスト的に染める会をしたいと思っています。

まだ日程調整中ですが、決まりましたら、今回の参加者にご連絡した後、ブログでも参加者を募集します。

なにかご要望、ご質問などがあれば、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムからお気軽にお知らせください。

追記:乾燥後のブルーベリー染めの色

追記:その後、参加した方に乾燥後の写真を送っていただきました。現時点ではしっかり染まっているようです。日にちが経ったら、また違う色になるかと思います。

シルクチーフ

ブルーベリー染めシルクチーフ

コットンポケットティッシュケース

ブルーベリー染め木綿ポケットティッシュケース

ブルーベリー染めのインドシルクストール(くすんだ紫色とのことです。画像は本当の色とは少し違うかも?)

ブルーベリー染めインドシルクのストール

レーヨンストール

ブルーベリー染めレーヨンストール

綿100%のボーダー柄トップス。ボーダーが近くで見ないとわからない感じになったそうです。

<参考画像>染める前。

ブルーベリー染めする前のコットントップス

染めた後。

ブルーベリー染めのコットンボーダートップス

シルクのスカーフと木綿糸。残液で自宅でさらに重ね染めしたもの。青み紫、ブルーベリー色とのことです。

ブルーベリー染めのシルクスカーフと木綿糸

毛糸。残液で染め直ししたものの、あまり変わらなかったそうです。これはこれでいい色、とのことです。

ブルーベリー染めの毛糸

ご協力ありがとうございます。また変化があったら教えてください。