柿の枝、柿の葉で染めた色

柿の枝葉で染めた布の色見本

10月の草木染めのワークショップに向けて、柿の枝、柿の葉でどのような色に染まるのかテストをしました。

柿の枝から赤茶色(写真の上段)、柿の葉から茶色、黄色、薄赤茶(写真の下段)が染まりました。すべてアルミ媒染で、濃さによって色が変わります。

※普通の草木染めで、柿渋染めではありません。

染めた日:2019年9月24日~9月26日

柿染めのテスト結果

柿の枝葉で染まった色

コットン(鹿の子ニット生地)を濃染剤で下処理してから染めた色です。

上段:柿の枝20gを水1リットルで煮た。
下段1番目:柿の葉52gを水1リットルで重曹を入れて煮た2番液。こげ茶色。
下段2番目:柿の葉52gを水2リットルで煮た。黄色。
下段3番目:柿の葉20gを水2リットルで煮た。黄色。
下段4番目:柿の葉5gを水2リットルで煮た。薄い赤茶。

柿の枝葉で染めた布の色見本

染液の濃さによって色合いが変わります。2番液を使ったり、葉っぱの量を減らすと赤みが出ます。

柿の葉で緑色に染まったという話もきいたので、緑色にも染まるかもしれません。

濃染処理での違い

枝を使って、赤みの強い茶色になりました。濃染しないと薄いピンクです。

濃染処理の有無での赤茶色の違い

葉を使って、黄色になりました。濃染しないと薄い黄色です。

濃染処理の有無での黄色の違い

濃染処理をしなくても染まりますが、色が薄めなので、濃く染めたい場合は濃染処理したほうがよさそうです。柿にはタンニンがあるから木綿も染まるかな?と予想してましたが、普通に染まりにくい感じでした。

柿の枝染め、柿の葉染めの材料

  • 鹿の子ニット生地はぎれ 1枚5gくらい
  • 柿の枝、柿の葉
  • みょうばん
  • ディスポン(濃染剤) 1リットルに小さじ1杯くらい使用

※濃染剤の詳細はこちら→ 濃染剤カラーアップZBとディスポンについて

柿の枝染め、柿の葉染めの手順

  1. 事前準備:ディスポン(濃染剤)3㏄を熱湯1リットルに溶かし、布を20分つける。終わったら水洗い。
  2. 事前準備:濃染しない布は、別の容器でお湯(40℃くらい)につけておく
  3. 【柿の枝の場合】剪定ばさみで柿の枝を1㎝程度に細かく切る
    【柿の葉の場合】柿の葉を4等分ぐらいに手でちぎる
  4. 鍋に枝(葉)と水を入れて強火。ふたをする。沸騰後20分強火で加熱する(1番液)
  5. こし布で枝(葉)をこす
  6. 染液に空気を含ませる
  7. 水を変えて、同様に2番液をとりはじめる
  8. 1番液に生地を20分つける
  9. 布を水洗い
  10. ミョウバンで媒染液を作り、布を20分つける
  11. 布を水洗い
  12. 2番液をこして、空気を含ませる
  13. 染液に2番液を追加して、布を20分つける
  14. 水洗い
  15. タオルドライして、自然乾燥

※枝と葉は別々に行いました。条件によって多少手順を変えています。
※ワークショップ用のテストなので、生地5g程度に対して染液120㏄を使用しました。

柿の枝染めの写真と説明

採取した柿の木

民家のお庭にある柿の木。柿の種類は不明。染色テストの2日前に採取しました。

柿の木

柿の枝の染液作り

柿の枝を細かく切って、水を入れて鍋で煮ます。フタをして強火。沸騰後20分、けっこう強火で煮ます。

柿の枝の染液抽出

枝をこすと、赤茶色の染液が取れました。

柿の枝の染液

空気を含ませると、赤みが増します。

酸化後の染液の色

2番液は、1番液に比べると少し薄めですが、同じように赤茶色の染液が取れました。

柿の枝染液2番液の色

空気を含ませると、同じように赤みが増します。

柿の枝2番液酸化後の染液の色

染液に布をつける

染色液に布を浸します。テストのため、染液のうち120㏄をとって、布5gを染めています。

染色液に布をつける

みょうばん媒染

みょうばん媒染液に布を浸します。

みょうばん媒染液につけた布

再び染液に布をつける

染液に2番液を追加して、水洗いした布を入れます。

下の写真は20分経過後。濃染した布の場合、染液の色が透明になっています。

柿の枝染液2回目

逆に、布を濃染していない場合は、染液に色が残っています。

柿の枝染液2回目濃染無しの布

水洗いした後、タオルドライして自然乾燥しました。

柿の葉染めの写真と説明

柿の葉の染液作り

柿の葉を4等分ぐらいにちぎって、水を入れて鍋で煮ます。フタをして強火。沸騰後20分、けっこう強火で煮ます。

柿の葉染液抽出

葉っぱは、煮ていると泡立ちます。

柿の葉抽出時の泡立ち

煮出しが終わった後も、鍋のフチに白いカスが付着します。

鍋の周りの白いカス

柿の葉20gを水2リットルで煮て取れた染液の色は、黄色でした。空気を含ませても黄色でした。

柿の染液の色

染液に布をつける

染色液に布を浸します。

下の写真は、20分経過後に布を取り出したところ。容器が赤いので染液の色がわかりませんが、生地は黄色っぽく染まっていました。

柿の葉染液につける

みょうばん媒染

みょうばん媒染液に布を浸します。

みょうばん媒染液につけた布

再び染液に布をつける

染液に2番液を追加して、水洗いした布を入れます。

下の写真は、20分経過後に布を取り出したところ。生地はさらに黄色っぽく染まっていました。

柿の葉染色2回目

水洗いした後、タオルドライして自然乾燥しました。

2番液は色が違う

1番液は黄色っぽかったですが、2番液の染液は、赤みが混じった黄土色でした。

柿の葉染液2番液の色

空気を含ませると赤みが増し、枝の染液に近い色になりました。

柿の葉2番液酸化後の色

試しに濃染していない布を染めると、薄いピンク色に染まりました。濃染していなかったので薄い色です。

柿の葉2番液で染色した布

重曹を入れて煮出した場合

葉52gと水1リットル、重曹小さじ1/2を入れて、沸騰後20分煮出すと、こげ茶色の染液になりました。染まった色もこげ茶色でした。

柿の葉を重曹入りで煮出した染液

染液を混ぜた場合

黄色の染液と、赤みが出た染液を混ぜて染めた場合、黄色に染まりました。混ぜない場合よりも薄めの色に染まりました。

柿の枝染め、柿の葉染めのテストで思ったこと

  • 柿の実のようなオレンジ色にはならなかった
  • 柿の枝葉での草木染めは、ビワ染めに似ている感じがした
  • 濃染しなくても色は入るが薄いので、濃染すべきか悩む

※不明点やアドバイスがありましたら、お問い合わせフォームもしくはインスタグラムから、お気軽にお知らせください。