ニットで紺色カーディガンを作る

綿ニットの紺色カーディガン

洋裁教室のロックミシンで2回目に作ることにしたニットの服は、紺色のカーディガンです。素材は綿。

昔購入した無印良品の紺色のカーディガンを夏も冬も着ていて、着る頻度が高くてボロボロになっていました。その代わりになる普通のカーディガンが欲しかったからです。

色合いは、無印の紺色に比べると深緑が少し入った地味な紺色で、男性の服に合いそうな色です。

ロックミシンをまだ上手に使えていない割には、普通の服に仕上がりました。ニットソーイングってすばらしいです。この服は着ていても、手づくり感がまったくありません。

ニットの型紙

クライ・ムキさんの「ニット地で作る大人服」という本を図書館で借りて、その本の洋裁本の後ろについていた型紙を使いました。

1回目に作った中途半端な袖丈のかぶりものプルオーバーも、同じ本の型紙を使っています。

シンプルで普段使いによさそうなニット服が出ています。

今後はこの書籍を参考にして、自分なりにアレンジしたパターンを作ってみたいです。

いくつかロックミシン系の本を借りてきたのですが、この本が一番、会社にも着ていけそうなカジュアルな服(いわゆるオフィスカジュアル)のパターンが載っていて、古すぎず奇抜すぎない、ちょうどよさを感じました。

ニット生地を買った場所と価格

このカーディガン用のニット生地は、奥日暮里の「布橋商店」で買いました。

以前、夫のフライトジャケットの衿リブをなおそうと思って、出会ったお店です。その際はトレーナーの首周りや袖口に使われている伸びるリブ部分の生地(テレコ)を買いました。

トマトがある日暮里繊維外の中心からは少し歩いて路地中にあります。ぱっと見た感じ、路地にあるし、なんとなく入りにくい雰囲気ですが、入ってみるとシロウト相手でも親切なお店です。

ハギレなので、数百円で生地が手に入ります。このカーディガンは400円のコットン生地です。何メーターだったか忘れましたが、このカーディガンが作れるぐらいの生地量はありました。

安いニット生地を探しに日暮里繊維街に行く際は、このお店もチェックすることをおすすめします。(個人的なおすすめですが)

トマトから布橋商店までの地図

カーディガン作りで勉強になった点

型紙は書籍のものを使いましたが、作り方は洋裁教室の先生に相談して決めました。

前のボタンをつける部分(前はし)は、接着テープを裏に張って三つ折にしましたが、その三つ折は縦に縫ってとめていません。ボタンやボタンホールをつけることで固定されています。

カーディガンの衿ぐり

今回は、衿ぐりは本のとおり別布をつけましたが、ロックをかけてステッチでとめてもいいと教わりました。そのほうがカジュアル感が減るので、別の機会にやってみたいと思います。

カーディガン作りで失敗した点

ロックミシンをかける際にヒキツリができた箇所が首周りと、袖口にありました。

袖口の布は輪にしてから付けたのですが、ロックミシンのかけはじめが斜めに入らないといけないので、均一に縫うのが難しいと感じました。

下の写真は首周りの、後ろ見ごろの引きつりです。

首周りのひきつり

裏から見ると、こんな感じになっています。

裏から見たヒキツリ

売り物だったら検品ではじかれそうですが、自分で普段着るには目立たないし問題ないかと思います。

カーディガンのボタンホール部分

家庭用のミシンのボタンホール機能でボタンホールをつけました。糸は普通のポリエステルスパン60番手です。

家庭用ミシンでボタンホール

ボタン穴の位置は少し下になっています。上のほうは、衿ぐりの縫い代が重なって生地が厚いため、ボタンホールをミシンでつける際に失敗しそうだったので、大丈夫そうな位置にしました。

カーディガンの衿ぐり

ボタンホールの穴は、マチ針で切り過ぎないように保護してから、リッパーで途中まで切りこんで、最後はよく切れるハサミできりました。怖いので、目立たない下のボタンホールから作業を進めます。
ボタンホールの穴をあける

ハサミでボタンホールの穴を切るところ

やるまではニット生地のボタンホールってほつれたりしないかと思っていたのですが、普通のニットではない生地(ふはく)よりも落ち着いていて、ボタンもはめやすいと感じました。

ニットの紺色カーディガンを作って思ったこと

  • 会社に着ていける普通の服になった
  • 生地も安くて大満足
  • 長年、こういう普通の服を作りたいと思っていたので、うれしい
  • ニットでも自分でパターンを作ってみたい