東京から引っ越します

遠くに引っ越すことにしました。引っ越しを決めた経緯について書きます。

郊外(千葉県)で生まれ育って、大学生の時、電車通学がイヤになって都内のアパートに引っ越した。電車が嫌いである。

アパートの裏に大家さんが住んでいて、家賃は毎月手渡し。隠してれば猫を飼ってもいいよ、と言ってくれたやさしい大家さんだった。古いからか更新料もなくて、結婚してもそのまま、10年近くそのアパートにいた。

10年分の家賃を考えたら買ったほうがいいのかな、という気持ちになってきて、マンションを買うことになった。

私も夫も非正規雇用。自分が住宅ローンを組めると思ってなかったのだけど、親に頼って頭金を増やして、なんとか大丈夫だった。

家賃の代わりにローンを払う感じ。すごく高い買い物にドキドキした。世の中の人は当たり前のようにこんなことしてるんだ、すごいと思った。

中古マンションだと自分でローンが組めるのかわからず、新築マンションを買うことにした。決めるまでに見た物件は3つ。

最後に見た物件の営業マンに、いかに駅近が重要か力説された。いつか不動産が供給過多になった時、駅が遠いと売れなくなるという。

その人の話が長くて、3件目にして物件を見ることに疲れてきた。ほんとうはもっと件数を見るべきかもと思いつつ、今住むマンションに決めた。

場所は、住んでいたアパートから3kmしか離れてない、隣の区。仕事場に通う道のりを考えて、同じような生活圏に落ち着いた。自分達は駅近はどうでもよかったけれど、たまたま近くに地下鉄の駅があった。

そのマンションに住んで、かれこれ15年以上経過。買った時は一生住むと思っていたのに、移住ブームで田舎に住みたくなる。三島や山梨など、移住によさそうな場所に行ったりもした。

地震リスクや、管理費や修繕積立金を老後も払えるのかも不安になってきた。

ここ2年ほど私は働かずにいる。ワークショップもブログも、もっと収益化するつもりだったけど、そうならず。

そろそろバイトでもしようと思っていたら、コロナ禍の世の中になり、やる気がでない。家でぼやぼや時間が過ぎていく。

というわけで、住宅ローンの残るマンションを売るべき時が来た。

オリンピックの前にマンションを手放したい、と思っていたことも思い出した。1年猶予されたけれど、いつの間にかカウントダウンが始まっている。

ここ数年、世の中のマンションは値上がりしている。新築は住んだ瞬間中古になり資産価値が下がって当たり前、という説を信じていたので驚いた。駅近でよかった。

マンションを手放して、引っ越すことに決めた。さて、どこに行こう。

私の移住妄想は「雪道の運転は無理」と思った時点で思考停止中だった。

テレビで山口の関門海峡のフグが紹介されて、山口いいねーと夫が言った。

節約のため、ドコモから格安アハモに切り替えしようと思って、岡山県に引っ越した知り合いにメールアドレス変更の連絡をした。だから「岡山」という単語が話に出た。(ちなみに彼女は都会大好きで、旦那さんの転勤で渋々住んでいる人。私と入れ違いに都会に戻るらしい)

岡山なら関門海峡も、瀬戸内海の島々も、京都も、出雲や鳥取砂丘も行ける。岡山いいのでは?という話になった。中途半端に遠いので、行ったことがない場所がたくさんある。

25年以上前、岡山に行ったことはある。私の頭の中の印象は、日本昔話みたいな山並み。~じゃのう、と話す小さな子どもの方言がかわいかったこと。(よく考えるとこれは広島弁かもしれない)地方都市のイメージはなかった。

知らないうちに岡山市は、12年前に政令指定都市になっていた。中心地は、平坦で自転車で移動しやすいらしい。その辺りなら雪も降らない。

私はぽつんと田舎暮らしに憧れるけれど、夫は便利な場所が好き。現実的な妥協点をみつけなくては話が進まない。田舎の近い地方都市、ちょうどいいかもしれない。

そうかー岡山いいかも。調べると、岡山市には移住支援の家賃補助制度がある。

というわけで、岡山に住んでみることにした。里山ではなくて、郊外な感じ。

移住する時は、何度も通ってよく知ってから移住しないと失敗する、と言われている。でも、交通費と移動負担を考えたら、無理。

この引っ越しは移住というより、よく知るために住む、という段階に近いと思う。

岡山に引っ越す話をしたら、「~に移住した友達がいるよ」とか、「染物や伝統工芸の場所があるよ」とか、「倉敷がいいよ」とか、岡山市から少し離れた場所が素敵そうな話を聞く。意外に東京圏からの移住者が多い印象。

実際住んだことがある人に「~は~だから注意」という話も聞けた。ありがたい。

なんだか知らないことが沢山ありそうだと思う。

東京は大好き。徒歩で生活できて、整備されてて自転車でも移動しやすくて、路地もおもしろくて、なんでもある安心感があって、夜も明るくて安全。水道水もキレイ。日暮里繊維街もある。皇居周辺のやけにだだっ広い感じも、整備された自然も好き。

今住むマンションも好き。住みやすい。でも十分満喫した、タイミングが来たのだと思う。都心に通勤していない自分達にはもったいない感じがする。

草木染めワークショップを続けて、少しずつ人とのつながりができて、もう少し広がりそうかも、と思った矢先だったので、それだけは残念。一から出直し。場所は変わっても続けたいと思う。

というわけで、東京から引っ越します。